MENU

坂本次郎×ミウラタダヒロ - 恋染紅葉

URLをコピーする
URLをコピーしました!
坂本次郎×ミウラタダヒロ - 恋染紅葉
©坂本次郎・ミウラタダヒロ / 集英社

『恋染紅葉』(こいそめもみじ)は、原作・坂本次郎、漫画・ミウラタダヒロによる日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2012年9号に読み切りとして掲載された後、内容を再構成した上で同年23号から連載開始し、同年51号まで連載された。ジャンプ・コミックス全4巻。話数カウントは「シーン○」。神奈川県鎌倉市を舞台とした恋愛劇で、題名の『恋染紅葉』は作中に登場するテレビドラマ(読切版では映画)のタイトルでもある。

『少年ジャンプNEXT!』2012 SUMMERには2ページの番外編も掲載された。読切版は単行本第1巻に収録され、番外編は第4巻に収録されている。第2巻には『少年ジャンプNEXT!』2011 SPRINGに掲載された読切『ふぁみドル!』が収録された。連載は28話で終了したが、最終巻には描き下ろしエピソード3話が収録され、巻末には初期キャラクターデザインのイラストも掲載されている。

坂本がミウラに誘いをかけて製作が始まった。ミウラはそれまでネームを延々と修正してしまい、完成させることができずにいたが、坂本のネームを見ることでどこで切り上げたら良いかかを学んだという。なお、本作が連載されていた2012年には、『ニセコイ』(2011年48号 - 2016年36・37合併号)、『パジャマな彼女。』(2012年13号 - 40号)など『少年ジャンプ』誌上にライバルとなるラブコメディが複数連載され、「ラブコメ戦国時代」と形容されていた。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「恋染紅葉」最終更新 2020年3月24日 (火) 02:21
目次

第01巻(発売日2012/10/04)

赤面症の葛城翔太は、鎌倉に住む高校生。ある日、写真撮影を頼んできた美少女にひと目惚れするが、その相手がアイドル女優の紫之宮紗奈だと分かり――!? 情景豊かな鎌倉を舞台に、珠玉の恋物語がはじまる――。

第02巻(発売日2012/11/02)

アイドル女優・紫之宮紗奈の役作りの為、恋人役として協力することになった葛城翔太。しかし、そのことを知ったグラビアアイドルの幼馴染・七里由比も翔太に恋人役を頼み、なんとキスまで迫ってきて――!?

第03巻(発売日2013/01/04)

二人で会うことをマネージャーに禁止された紗奈と翔太。しかも紗奈は、由比も翔太に恋人役を頼んでいたことが気になり、仕事に集中出来なくなってしまう。そんな中、共演者の春日小鳥が紗奈に近付いて…!?

第04巻(発売日2013/02/04)

翔太と小鳥の本当の関係を確かめる為、小鳥の元へと向かった紗奈と由比。そこで二人が目にしたのは…? そして紅葉祭りの夜に、翔太と紗奈と由比の三角関係が大きく動き出す──。鎌倉恋物語、完結!! 【巻末描き下ろしエピソード3話同時収録】

この他のミウラタダヒロの作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる