MENU

高橋留美子 - うる星やつら

URLをコピーする
URLをコピーしました!
高橋留美子 - うる星やつら
©高橋留美子 / 小学館

うる星やつら(うるせいやつら)は、高橋留美子の漫画。第26回(1980年度)小学館漫画賞少年少女部門受賞作。「うる星」とも。浮気者の高校生・諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人美少女・ラムを中心に架空の町、友引町や宇宙や異次元などを舞台にしたドタバタラブコメディ。その内容の斬新さと魅力的なキャラクターは1980年代のみならず以降の漫画界とアニメ界に衝撃を与え、当時の若者たちの圧倒的支持を受けて一大ブームを引き起こし、若者文化にも影響を与えた。

高橋留美子の初期代表作であり、後年、本作と『めぞん一刻』について、(作者自身の)「20代の漫画で自分の青春」と語っている。高橋は「『うる星-』はやろうと思えば、いつまでも連載を続けられる安全パイなんだけど(いわばこれは20代の漫画であり)、勢いがあるうちに終わらせたかった」と、少年サンデーグラフィック誌でのインタビューで語っている。また、自身がお気に入りの作品は原作第3話の「石油が町に降る話」(原題「悲しき雨音」)と、水乃小路飛麿が最初に出てきた話(原題「白球に賭けた青春」)とあたるが幽霊少女・望の願いを叶えてやる「最後のデート」。一番気に入っているコマは、「最後のデート」で、あたると幽霊の望がデート中に花火を見上げているシーンだという。
中盤あたりで、マンネリになってきたため「もう終わらせよう」という意識もあったらしいが、「藤波竜之介と父」というキャラが登場して、女らしくなりたい竜之介とそれを邪魔する父親という両者の行動原理が明確だった彼らが、かなり動かしやすかったため、その後藤波親子が絡んだエピソードが数多く作られた。高橋本人も「竜之介親子にはかなり助けられた。あの二人がいなかったら『うる星』はもっと早く終わっていたかもしれない」と語っている(詳細は藤波竜之介のリンクを参照)。従って、二人は高橋がもっとも気に入っている部類のキャラクターであり(なお、一番好きなキャラクターは「サクラ」)、次作主役の「らんま1/2」の乱馬と父のモチーフにもなった。また、この物話の主役については、「私はあたるが主役であると思っています」と語っている。

「うる星やつら」というタイトルは、高橋のデビュー作のタイトル『勝手なやつら』の名残を残し、かつ作品の宇宙的なイメージから当時の編集長田中が名付けた。連載開始当初のタイトルロゴはおどろおどろしい感じのデザインであった。
また、サブタイトルには「思い過ごしも恋のうち」(サザンオールスターズ)「酒と泪と男と女」(河島英五)「かけめぐる青春」(ビューティ・ペア)、「ないものねだりのI Want You」(C-C-B)、「絶体絶命」等のヒットソング名を度々用いているほか、本作と同時期に『少年サンデー』で連載されていた作品のタイトルから語句を拾ってサブタイトルにしたこともある(宮本武蔵編)。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「うる星やつら」最終更新 2020年4月9日 (木) 12:11
目次

第01巻(発売日2006/11/17)

なぜかこの世の不幸を一身に集めてしまう「見るからに凶相の持ち主」・諸星あたる。UFOに乗ってやってきた女の子・ラムちゃんの鬼ごっこの相手に選ばれてしまったことから、あたるの運命はさらなる不幸(?)へと突入していく……。コミック界をゆるがした高橋留美子の奇想天外SFコメディが、ついに新装版で再スタート!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第02巻(発売日2006/11/17)

世界でもまれに見る浮気症の諸星あたる。「ダーリンとうちは夫婦だっちゃ!!」というラムちゃんの激しい電撃攻撃にさらされながら、今日も恋人・しのぶちゃんとの密会に命をかける!美人の妖怪雪女・お雪や、セクシーな天狗のねーちゃんことクラマ姫にも果敢に挑んでいくその本能が、さらなる災いや珍事件を巻き起こし……。
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第03巻(発売日2006/12/16)

この身にどんな災いが降りかかろうとも、女を追いかけることだけは忘れない諸星あたる。時空を超えてまで繰り広げられるあたるのスケベ心が、とうとう歴史さえも塗り替えた!?ついに、あたるの史上最強のライバル・面堂終太郎も登場!常識を超えたスペクタクルな珍事件続発で、宇宙規模にアホな笑いが巻き起こる!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第04巻(発売日2006/12/16)

もはや存在すること自体が災いではないかと思うほど、この世のあらゆる災いを呼び寄せてしまう諸星あたる。酒乱のキツネやらバク使いやら悪魔やら、続々登場する珍生物が次々とあたるに襲いかかる。そんなあたるが、とうとうラムとデートすることに!受難の星を背負ったあたるにも、ほんのちょっとだけ幸せが訪れるはずだったのだが…!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第05巻(発売日2007/01/18)

ラムの電撃にも懲りることなく女を追いかけ回す世界一の浮気性男・諸星あたる。巫女のサクラが友引高校の保健医として新たに登場!あたるの浮気心をくすぐりまわって友引高校はかつてない災難に襲われる!?ニューキャラ水乃小路飛麿の出現によりさらにアホ度数アップでお送りする爆笑SFワールド!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第06巻(発売日2007/01/18)

あたるにとって唯一ホッとできる場所(?)だった友引高校にいよいよラムがやってきた!ただでさえ収拾のつかない状況なのに、ラムのかーちゃんや面堂の母上まで現れ、友引高校には今日もパニックの嵐が吹き荒れる。ラムの幼なじみ・美少女ランちゃんも初登場で、あたるの運命やいかに!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第07巻(発売日2007/02/16)

ある日、諸星家に届けられた奇妙な郵便物…それはラムのいとこのテンちゃんだった!自称「プレイボーイ」の小さな紳士(?)が口から炎を噴きながら友引町で暴れまくる!新たな天敵出現に、あたるは打ち勝つことができるのか!?またもうる星からの強烈キャラクター到来で、さらに白熱ヒートアップのうる星ワールド!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第08巻(発売日2007/02/16)

浮気をしてこそ諸星あたる!ラムの愛情いっぱいの電撃を浴びながら、♀と見れば条件反射で人でも猫でも口説きます!遥か彼方みやびな平安時代では、炸裂するギャグと日本古来の文化が見事に融合!?まだまだ見せます珍キャラ・珍事件の数々、常識が通じないのが彼らの常識!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第09巻(発売日2007/03/16)

友引町を密かににぎわせるとんでもない噂…!なんと「ラムが見合いをする!?」らしい。平静を装いつつも戸惑いを隠せないあたる。そんなあたるの気持ちを知ってか知らずか、わくわくそわそわ浮かれ気分のラム。ついにはあたるがラムを追いかけ地球を飛び出した。二人の行く末に待ち受けているものとは!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第10巻(発売日2007/03/16)

たとえその行く末になにが待っていようとも、そこに女の子がいるから口説く!本能の男あたるに理屈は通用しない。しかし、そんなあたるにまたもや新たな災難が!妖怪アメフラシに海辺の幽霊にコウモリに…、次元を超えたキャラたちに、さすがのあたるも降参か!?まだまだ魅せます爆裂ギャグの超連発!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第11巻(発売日2007/04/18)

この世のあらゆる不運を呼び寄せるあたるのせいで、いつも珍事件でにぎわう友引町に幸運が訪れる!?太宰府のお守りからは菅原道真が飛び出し、空からは八百万の神々が舞い降りる。そしてついにすさまじい怨念を胸に秘めつつ、古き良き日本の冬を後世に伝えるべく、究極のいやし系こたつキャラが初登場!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第12巻(発売日2007/04/18)

黒子に引かれてぎっしぎっしと揺れる牛車の中から、白昼堂々あらわれたガイコツ顔の女妖怪に、さすがのあたるもビックリ仰天!瞬く間に広まった女妖怪の噂に学校中が騒然となる。そんななか、なぜか心当たりがありそうなのは終太郎。果たして不気味な女妖怪の正体とは!?その正体に、あたるのいつもの病気が暴れ出す!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第13巻(発売日2007/05/18)

慶長五年、作州美作宮本村。若き日の宮本武蔵は全国区のメジャーな男になるため旅に出た。もちろんそんな武蔵の行く末で起きる出来事といえば、佐々木小次郎との宿命的な出会いと、諸星あたるとの不運な出会い…!?そしてはじまる日本全国食い逃げ珍道中の旅。3人の男が各地を駆けめぐり美味しいものを食べまくる!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第14巻(発売日2007/05/18)

目覚めの口づけを交わした男と契らなければいけない…断固として、あたるだけは遠慮願いたいクラマ姫はあたる以外の男を求めて再び眠りについていた。おだやかな昼下がり、クラマ姫を乗せたカプセルは、彼女の夢と希望とともに再び地球に舞い降りる。クラマ姫の切なる願いは叶えられるのか!?さあ、運命の歯車がまわりだした!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第15巻(発売日2007/06/18)

夏の終わり。うねりが打ち寄せる寂しい海で、おなじみ厄災を呼び寄せる諸星あたる御一行が「バカヤロ~!」と叫ぶ熱い親子と出会う。浜茶屋を経営する父親とその息子・藤波竜之介。男にまったく興味のないあたるにとっては、なんの意味もない出会いだった…。しかし竜之介は叫ぶ。「おれは女だ~!!」…と。
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第16巻(発売日2007/06/18)

短い手足を愛らしくバタつかせながら、火を噴きまくる放火魔幼児のテンちゃんが、自分の母親の登場でガチガチに緊張…!?それもそのはず、テンの母親の正体は放火魔を憎み、「火事はどこや~~!」と誰よりも早く火事場に駆けつける女火消しだったのだ!火を噴けないテンにあたるの猛反撃が始まる!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第17巻(発売日2007/07/18)

面堂終太郎の隠された過去がついに暴かれる!!暗所恐怖症・閉所恐怖症という二大恐怖症の渦に、終太郎を陥れた恐ろしい現実とは?同情なのか、友情なのか、それともただの興味本位なのか――終太郎の病を治すため、あたるたちが幼き終太郎のもとへと今旅立つ。終太郎の心に秘められた闇に、ついにメスが…!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第18巻(発売日2007/07/18)

校長PRESENTSミス友引コンテスト開催!友引高校を代表する美しい女生徒たちが、美貌、知性、健全な精神、そして力と技を競い合う華麗なる美の祭典がここに始まる!果たしてミス友引の座につくのは誰なのか?学校始まって以来の豪華賞品は誰の手に?白熱する戦いに友引高校の体育館が震撼する!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第19巻(発売日2007/08/10)

真夏の海は、妖怪退治にやってきた錯乱坊や、浜茶屋の再建を目指す藤波親子で大にぎわい!一方、水着の女子以外に興味のないあたると面堂は、海の底をさまよい歩く美しい人妻を発見する。自分の子どもを捜しているという人妻は、竜之介を見るや「あたしの子」とつぶやいて…?そして浜辺に響く「真砂子~!」の声に竜之介は…!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第20巻(発売日2007/08/10)

諸星家の朝は、あたるとテンの大ゲンカで始まる。立て続けに炎を噴き続けるテンに対して、フライパンや鍋のフタで応酬するあたる。しかしトドメを刺すためあたるが投げた電気ガマは、テンの後ろにいたラムの頭に直撃!予想外の出来事にオロオロするあたるとテンに向かって、ラムが放った言葉とは…?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第21巻(発売日2007/09/18)

またもや怪しげな生物を地球に持ち込んだラム。かくし芸に失敗した者たちを次々と消し去ってゆく芸一筋の奇妙な生物の登場で、友引高校が恐怖に震える。そして、もうひとり恐怖に取り憑かれた少女が……雪と氷に覆われた惑星・海王星の女王おユキの怒りにふれたランの運命はいかに?氷の刃がランを、そしてラムを弁天を襲う!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第22巻(発売日2007/09/18)

終太郎の身にふってわいたのは、なんと見合い話。しかも気になるお相手は、実の兄である飛麿もその存在を知らなかったという水乃小路家の娘・飛鳥。鉄の甲冑を身に包み、100mを12秒で走破する謎の乙女・水乃小路飛鳥に終太郎が震え上がる。ただひとり貪欲にも甲冑の中身に興味津々の男あたるは果敢にも「鉄の女」に挑むのだが…!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第23巻(発売日2007/10/18)

友引高校の女生徒に絡んでいる不良たちを電撃でピシャーンと一発で倒したラム。「勇気さえあれば不良なんかに負けないっちゃ!」と女生徒を励ましてしまったために、電撃を使わずに不良たちと決闘をすることに…。相手は力も外見も人間離れしている仏滅高校・総番。ラムに史上最大のピンチが訪れる…!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第24巻(発売日2007/10/18)

いっこうに治る気配のない飛鳥の男性恐怖症を、見るに見かねた母親がいよいよ強硬手段に。飛鳥が怖がらない唯一の男・終太郎とデートをさせ、成功したら「さっそく婚約!」となるはずが?女を口説くためならどんな苦労もいとわないあたる、兄への嫌がらせが生きがいの了子たちが加わり、平和なデートが大惨事に…!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第25巻(発売日2007/11/16)

サクラとあたるがどんなに逆らっても結ばれる運命!?食べると希望する夢が見られるという夢の実に、自分の希望をたっぷり与えて育てたラム。ところがそれを不眠症に悩むサクラが食べてしまって…。出会い編、交際編、結婚編で構成される三夜連続ダーリンとの恋物語。ラムが描いた理想のダーリン像にサクラもタジタジ…!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第26巻(発売日2007/11/16)

ケンカっ早く威勢のいい福の神・弁天さまと、そんじょそこらの男より男らしい少女・竜之介が、どちらが女らしいかをめぐって大バトル!なぜか腕力で女らしさの決着をつけようとする2人に、あたるは女性としての美徳を競わせるのだが…?気がつけば校長PRESENTS心理劇まで始まって、全校生徒を巻き込んでの一大イベント開催!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第27巻(発売日2007/12/15)

むかしむかし貧乏な男が、ド貧乏な娘を嫁に迎えることになった。嫁に花嫁衣装も着せてやれぬ男が、はぁっとため息をつくと、たんぽぽの綿帽子が風に揺られて娘にかかり、あっという間に立派な白無垢になったとさ。そんな昔話を聞いたキツネが、大好きなしのぶを嫁にしようと友引町にやってきて…?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第28巻(発売日2007/12/15)

シューマイはひとり3個!玉子スープはおかわりなし!庶民の中の庶民である諸星家の質素な食卓に「ちゅどか~ん」と天井を突き破って降りてきたのは、願いごとを叶えてくれる七夕の“願い星”だった!今年のラッキーな貧乏人に選ばれた諸星一家が、叶えてもらえる願いごとはたったの3つだけ!!笹の葉さ~らさらっと諸星家に幸運は訪れるのか!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第29巻(発売日2008/01/18)

久しぶりにあたるとデートすることになったラム。ところが待ち合わせの場所に変な少年が現れた!ヒョウ柄パンツ一丁でゾウにまたがった少年は、ラムを見るなり“恋の始まりであった”と勝手に盛り上がる。遅れてきたあたるを置き去りにして、誘われるまま少年についていくのだが…?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第30巻(発売日2008/01/18)

元旦、面堂終太郎宛てに届いた一通の年賀状には“おまえのひみつをしっている”とだけ書かれていた。差出人は不明、手がかりになりそうなのは筆跡のみ。自分には後ろ暗い秘密などないと思いつつも、書き初めの宴の開催を決定した終太郎。事情を知らないあたるや、その他男子生徒が招待状で集められ、ついに犯人捜しが始まるが…?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第31巻(発売日2008/02/18)

謎のウサギ男の因幡クンが落としていった“運命の鍵”で亜空間に迷い込んでしまったラム、あたる、しのぶの三人。そこで彼らが見たものは自分たちの未来の姿だった。しかもそれは理想とはかけ離れた暗い未来……。まさかの将来にショックを受けた三人は、理想の未来を求めて時空間への旅に出発!果たして彼らを待ち受けている理想の未来とは!?
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第32巻(発売日2008/02/18)

筋金入りの男性恐怖症の飛鳥が通う中学校は、日本一の対男性用警備システムを誇る潔癖女子中学。完璧な男子禁制、オスは犬でも侵入できないそこは飛鳥にとって楽園のような場所……となるはずだった。ところが、イベント好きの友引高校校長がとんでもない企画を思いついてしまったために、潔癖女子中学に開校以来の危機がやってくる!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第33巻(発売日2008/03/18)

ウサギ男の因幡クンが運命製造管理局の昇級試験に挑戦! 課題は時空の森に咲く一輪の花を摘んでくること、ただし必ず女性同伴で臨まなければならない。そこで因幡クンがパートナーに選んだのはしのぶだった。合格者は50年前にひとり出たきりというムツカシイ課題に挑む因幡クンとしのぶに、なぜかあたるとラムも乱入してきて…!?
※My Lumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

第34巻(発売日2008/03/18)

友引高校に突如ラムの許嫁という謎の男が現れた。ブタの馬車をひき、黒衣に身を包んだ男は、太陽のない闇の宇宙にラムを連れ去ってしまう。ラムを連れ戻す方法はたったひとつ、あたるがラムに一言「好きだ」といえばラムは戻ってくるのだが…。ラムとあたるの長い長い“鬼ごっこ”が、地球の命運をかけてついに決着を迎える!!
※MyLumの収録はありません。あらかじめご了承下さい。

この他の高橋留美子の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる