MENU

高橋留美子 - めぞん一刻

URLをコピーする
URLをコピーしました!
高橋留美子 - めぞん一刻
©高橋留美子 / 小学館

『めぞん一刻』(めぞんいっこく)は、高橋留美子によるラブコメディ漫画。
「時計坂」という町にある「一刻館」という名の古いアパートの住人・五代裕作と、管理人としてやって来た若い未亡人・音無響子を中心としたラブストーリー。人よりも苦労を背負い込んでしまう世渡り下手な青年・五代裕作と、生来の鈍感さと亡き夫へ操を立てるがゆえの真面目さを合わせ持つ、美貌の管理人・音無響子の織り成す恋愛模様を描く。周囲を取り巻く常識はずれの面々が住むおんぼろアパート「一刻館」を舞台に、高橋独自のリズミカルでコミカルな展開で小気味良く描かれる。1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品である。

「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)誌上において、創刊号である1980年11月号から1987年の19号にかけて全161話が連載された。連載は雑誌の発行ペースに従い月刊から月2回へ、さらに86年4月14日号から週刊へと変わった。また月刊時代は9回中8回で巻頭カラーを飾る看板連載であった。

作者は「週刊少年サンデー」で「うる星やつら」を連載し、小学館の青年向けと少年向けの各漫画雑誌の双方において看板作家の一人であった。しかし作者は、いずれも自分の20代の作品だとして、同時期に完結させている。

単行本は全15巻。2007年4月27日に新装版として再発売される。1992年から1993年にかけて、A5判のワイド版としても発売され、1997年には文庫版が出ている。1986年にはアニメ化と実写映画化がされ、1988年にはアニメ映画も作成されている。また、2007、2008年にはテレビ朝日系列でテレビドラマが2本製作、放映された。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「めぞん一刻」最終更新 2020年6月13日 (土) 08:09
目次

第01巻(発売日2007/04/27)

曲者揃いの住人たちから邪魔されても、新管理人・音無響子を一途に慕うけなげな五代。だが彼女との恋を実らせるには、あまりに大きく険しい壁があった。それは響子が結婚半年で夫を亡くした未亡人であることで…。不朽の名作が、新装版で再登場!!

第02巻(発売日2007/04/27)

響子をめぐって三鷹と攻防を繰り広げる一方で、こずえのアタックを拒みきれない五代。優柔不断な性格が災いし、響子の信用をなくす始末。複雑になっていく恋の行方は…!?

第03巻(発売日2007/04/27)

「響子連れ戻し工作」に動き出した響子の両親が、一刻館にやってきた! 管理人をやめさせるためなら手段を選ばぬ強敵に、一刻館の住人たちは、そして響子はどうする…!?

第04巻(発売日2007/05/30)

響子が三鷹と結婚すると勘違いし、傷心のまま一刻館を出ていくことにした五代。あっさりと格安の新居を見つけるが、そこにはまだ前の住人夫婦が住んでいて…!?

第05巻(発売日2007/05/30)

男に振られ、泥酔して帰ってきた朱美を介抱中、キスされてしまった五代。驚いた響子がふたりを引き離そうとした時、今度は響子がキスをされ…。突然奪われたキスにうろたえる五代と響子だったが…!?

第06巻(発売日2007/06/29)

ある日、五代のばあちゃんが上京してきた。情けない孫のため、響子との仲を進展させようと画策するばあちゃんに、振り回される五代。住人たちと騒がしい毎日を送り、もはやばあちゃんは、一刻館の住人と化していて…?

第07巻(発売日2007/06/29)

五代の祖母が田舎に帰り、いつもの日常が戻ったのもつかの間、今度は一の瀬さんの亭主がリストラに? さらに五代の入院騒動で、五代と響子の仲が急接近して…!?

第08巻(発売日2007/07/30)

一刻館の2号室にやってきた新住人・二階堂望。珍しくマトモな住人と思いきや、四谷さんとバトルを繰り広げたり、天然ぶりで騒動を大きくしたりで、2号室が一刻館のさらなる震源地に!!

第09巻(発売日2007/07/30)

教育実習期間を迎えた五代裕作だが、その実習先はなんと響子さんの母校! 響子と惣一郎が出会った場所で、五代にも運命の出会いが? 五代に恋する女子高生乙女・八神の登場で、恋の行方はさらに混迷へ…!?

第10巻(発売日2007/08/30)

恋に恋する女子高生・いぶきに、相変わらず振り回されっぱなしの五代。そしてライバル三鷹の前にも、美しきお見合い相手・明日香が登場! 響子をめぐり激しいバトルを展開してきたふたりに新たな展開が…!?

第11巻(発売日2007/08/30)

五代と三鷹、どちらからも愛想をつかされたと思い込んだ響子は、ひとり旅に出ることに。響子の本当の気持ちを確かめたい五代は、全財産10万円を持って、響子を追いかけるが…!?

第12巻(発売日2007/09/28)

天職だと思っていた保育士のバイトを、人員削減でクビになってしまった五代。途方に暮れる五代に、親友・坂本が紹介した職はなんと…!? 一方、犬嫌いを克服し、響子との結婚にひた走ろうとする三鷹の野望は…!?

第13巻(発売日2007/09/28)

子連れホステスに翻弄されつつも、いよいよ保育士試験に臨む五代。一方、九条明日菜と縁を切り、響子さんとの結婚に一気になだれ込もうとする三鷹。五代と三鷹、ついに真っ向勝負…!!

第14巻(発売日2007/10/30)

響子をめぐり、五代とバトルを繰り広げてきた三鷹に訪れた「決断の時」…。そして、もうひとつの三角関係の一角・こずえにも、その時が近付いてきて…!?

第15巻(発売日2007/10/30)

五代と響子。長い道のりだったが、やっとたがいの気持ちを確認しあう。そして、どうしても超えられなかった「影」と向かい合う…。笑いと涙と感動と…すべてが詰まった完結巻!!

この他の高橋留美子の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる