MENU

岡本倫 - 極黒のブリュンヒルデ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
岡本倫 - 極黒のブリュンヒルデ
©岡本倫 / 集英社

『極黒のブリュンヒルデ』(ごくこくのブリュンヒルデ、英:Brynhildr in the Darkness)は、岡本倫による日本の漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2012年9号から2016年18号まで連載された。
本作品は、岡本倫が2002年から2005年にかけて週刊ヤングジャンプで発表した、『エルフェンリート』の系統を継承したサイエンス・ファンタジー作品であり、陰惨描写要素の多い「ダーク系」ならび「ダーク・ファンタジー」を取り入れたSF漫画でもある。
なお、ブリュンヒルデは、北欧神話における半神の女神『ワルキューレ』(古ノルド語におけるヴァルキュリア)の1人で、長姉である。リヒャルト・ワーグナーの『ニーベルングの指環』、またその原典である『ニーベルンゲンの歌』などに異なる立場で登場する。
2014年にテレビアニメ化され、同年4月から7月にかけてTOKYO MXほかにて放送された。

一度見聞きしたことを忘れない特殊能力を持つ高校生・村上良太は、子供の頃に事故で死なせてしまった幼馴染の少女・クロネコのことが忘れられず、彼女と交わした「宇宙人の存在を証明する」という約束を果たすべくNASAを目指して学年トップの成績を維持し、天文部で毎日夜空を見上げて探し続けていた。
ある日、良太の前にクロネコと瓜二つの転校生・黒羽寧子が現れる。彼女は、非人道的な人体実験を行っている研究所から逃げ出してきた《魔法使い》であり、物体を破壊する「破撃」の力を持った超能力者だった。魔法使いたちの首の後ろには「ハーネスト」と呼ばれる制御装置が埋め込まれており、「鎮死剤」と呼ばれる延命薬を毎日飲まないと、身体を維持することができずに死んでしまうという。
やがて良太は、未来におこる死を「予知」する力を持つ橘佳奈、電子機器を操作する「操網」の力を持つカズミ=シュリーレンツァウアー、他人と位置を入れ替える「転位」の力を持つ鷹鳥小鳥、怪我を治す「再生」の力を持つ若林初菜たちと一緒に暮らし始める。人目を避けながらではあるが、穏やかな幸せを感じる仲間たち。
自分たちの能力を駆使して、次々と送り込まれてくる格上の能力を持っている魔女の刺客たちを撃退していく中で、研究所の上層部「高千穂」で進行する計画と、それに抗うレジスタンス組織「ヘクセンヤクト」の存在、自らの望みを叶えようとする研究所の所長九千怜の暗躍、そして《魔法使い》に隠された謎が判明していく。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「極黒のブリュンヒルデ」最終更新 2020年3月12日 (木) 21:46
目次

第01巻(発売日2012/05/18)

子供の頃に事故で死なせてしまった幼なじみが忘れられない高校生・村上良太は、彼女との約束を果たすべく、天文部に在籍し宇宙人を探していた。ある日、良太のクラスにその幼なじみと瓜二つの美少女・黒羽寧子が転校してくる。どこか浮世離れした彼女の秘密とは一体…!? 純愛ダークファンタジー、衝撃の第1巻!

第02巻(発売日2012/08/17)

「私たちは一体なんなの?」「私たちは一体何をされたの?」 「鎮死剤」を手に入れるために潜入した製薬工場で、研究所からの刺客・沙織の魔法『斬撃』により、良太の目の前で体をバラバラに切り刻まれてしまった寧子。沙織との死闘の果てに、二人が見たものは…!?

第03巻(発売日2012/11/19)

「俺が生きてるうちは、絶対お前らを死なせない」 キカコとの戦いに勝利し、天文部に束の間の平穏が訪れる。寧子たち魔法使いは高校生活に少しずつ慣れ始め、やがて、良太との関係にも微妙な変化が…!? そんな中、彼女たちを救うため、良太は、ある人物に相談を持ちかけるのだが…!?

第04巻(発売日2013/02/19)

「あなた、どうして良太を殺したの? 私の大切な友達だったのに…」 寧子たち魔法使いに残された時間はあと僅か。良太は約束どおり、叔父の小五郎を魔法使いたちと対面させる。魔法の存在を信じない小五郎の前で彼女たちは!? その頃、研究所は新たな魔法使い5210番を解放し、寧子たちの追跡を始めていた。彼女の力とは一体…!?

第05巻(発売日2013/06/19)

「いつかこうして忘れてしまうんだろうか… おれのことも…」 奈波から研究所「ヴィンガルフ」の情報を託された良太は、寧子たち魔法使いを守る決意を新たにする。一方、「ヴィンガルフ」に配属された新人・土屋邑貴は、初日から想像を絶する光景を目にしていた…! 徐々に明らかになる研究所の謎。そして新たな刺客が…!?

第06巻(発売日2013/09/19)

「結局、自分の命は自分で守らなあかんのや」 研究所が召喚した魔法使い・瑞花は、「夢の中で未来に干渉する」能力の持ち主だった。カズミの死を回避すべく良太たちが計画を立てる一方、瑞花は自らの予知を実現させるため、カズミの前に現れる。自分の死が巻き添えであり、その死を回避する方法があることを瑞花から聞かされ、カズミの心は揺れ動く…!

第07巻(発売日2013/12/19)

「やっぱり人間じゃなきゃダメか…」 ヴィンガルフの九所長は小鳥を回収するために、遂に独断でSクラスの魔女“ヴァルキュリア”を解き放つ。しかし、8つの魔法を持つ最凶の魔女は、監視の魔女7人を殺害し、“鎮死剤”を求めて暴走! 寧子たちは逃げる間もなくヴァルキュリアに襲撃されてしまう。そんな中、新たな魔法使いが現れて…!?

第08巻(発売日2014/03/19)

「おれは…死ぬのか…誰も守れなかった…」 寧子の胸にクロネコと同じホクロを見つけた良太。その矢先、研究所の九所長とヴァルキュリアが天文台に現れる。小鳥と寧子以外の魔法使いを処分しようとする九に対し、良太は必死に抵抗を試みるがヴァルキュリアの魔法が寧子に向けて放たれた…!! そして、九から明かされる魔法使いの秘密とは…!?

第09巻(発売日2014/04/18)

「ウソだ…ダメ…! みんな死んでしまう…!!」 佳奈が見た予知は全員の死──。九に攫われた小鳥を取り戻すため、寧子たち魔法使いは九の隠れ家へと足を踏み入れる。そこでは少女を使った恐ろしい実験が行われていた。高千穂を裏切り、小鳥を攫った九の真の目的とは? そして、ヴァルキュリアの圧倒的な力を前に寧子たちは…!?

第10巻(発売日2014/07/18)

「おれとおまえは…ずっと一緒だ」 ヴァルキュリアが放ったアンチマターにより、辺り一帯は一瞬にして焦土と化した。良太は自分の命と引き換えに寧子だけは守ろうと、無謀にもナイフ1本でヴァルキュリアに立ち向かう。チャンスは一度きり。その時…! 世界の存亡を賭けた戦いの行方、そして寧子と良太の運命は!?

第11巻(発売日2014/10/17)

「自分の命に代えても守りたい人がいるから…」 ヴァルキュリア襲来から一か月──。新たに『ヴィンガルフ』へと近づく者あり! 佳奈と結花がクラスメイトとして関係を深めていく中予測不能の脅威が2人を襲う…!? 衝撃の第二幕、突入!

第12巻(発売日2015/01/19)

「もう魔法も使えない… もう誰も…守れない…!!!」 黒服を巡り各々の思惑が交錯する中、新たな脅威“孵卵”が惨劇を巻き起こす!! 一方、寧子たちの前に現れた不良青年によって天文部員の恋模様もここにきて急展開! そんな平和な日常の中で佳奈が…!?

第13巻(発売日2015/04/17)

「私…ホントはこんなに死ぬのがイヤだったんだ…」 前触れもなく佳奈が予知で見た光景──それは孵卵する初菜の姿だった…!! 打つ手なく愕然とする良太と佳奈。そして予知の内容を知らされた初菜が残された僅かな時間に託したものとは…!?

第14巻(発売日2015/07/17)

「そこに意味があるのなら…死ぬ事なんて全然怖くない」 寧子とデートすることになった良太だがまさかの失態で天文部の恋模様に激震!! そんな中「あの男」が遂に目を覚まし、恋愛騒ぎの余波は予想しえない方向に── そしてカズミの気持ちに対して良太が出した結論とは…!?

第15巻(発売日2015/10/19)

「こんな幸せな日が…本当に来るだなんて…」 小五郎の蒔いた「種」が新たな騒乱の芽を出そうとする中、ついに出会った佳奈と美奈。絆を問われ、佳奈が出した答えとは? 一方、日常を享受する魔女たちは、初菜を「犠牲」にし修学旅行へ──。

第16巻(発売日2016/01/19)

「おれの人生は常にクロネコを探す日々だ」 宇宙人の存在を公表しようとした瞬間、ホワイトハウスごと吹き飛ばされたアメリカ大統領。世界が混乱に陥る中、村上たちの前に史上最強のキメラ・マキナが姿を現した。圧倒的な力で為す術なく攫われる寧子――そして残された仲間たちは究極の選択を迫られる…!!

第17巻(発売日2016/05/19)

「本当に…宇宙人は実在したんだ…」 マキナに攫われた寧子を救うためヴィンガルフの本拠地を突き止めた村上。だが仲間に伝えることなく自身も攫われてしまう。――ヴィンガルフの深部、“龕”で村上はついに宇宙人と対面する。そして組織の目的、黒幕とその系譜、全ての答えが白日の下に晒される…。

第18巻(発売日2016/05/19)

「おれはどんな姿になっても 必ずお前たちを見守っているから」 遂に復活してしまった“神を喰らう忌まわしき巨人”ロキ。 もはやこれまでか――絶望する村上達の前に意外な人物が現れる。そして物語は怒涛のクライマックスへ――!!

この他の岡本倫の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる