古舘春一 – 詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。

0 0 votes
評価 / Rating
©古舘春一 / 集英社

『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』(きべんがくは、よつやせんぱいのかいだん。)は、古舘春一による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2010年13号から31号まで連載された。プロトタイプとして、『詭弁学派、四ッ谷先生の怪談』を同誌の2009年28号に読切掲載。話数の単位は「第○話」だが、1つの怪談は「第○夜」。

『週刊少年ジャンプ』2010年13号に掲載された第1話の内容の一部に、身体障害者に対しての配慮に欠ける部分があったとして、同年16号の巻末に佐々木尚編集長によるお詫びが掲載された。また、『ジャンプ』の公式サイトでは新連載作品の第1話を次号の発売日から無料配信しているが、本作の第1話は事情のため配信中止となった(『週刊少年ジャンプ』2010年14号では配信が告知されていたが、公式サイトで配信中止の旨が記載された)。上述の通り、単行本第1巻では問題となった第1話の怪談の内容や一部のセリフが変更されている。

物語の舞台はM県W町と作中にあるが、恐らくは宮城県涌谷町の事と思われる。次の連載作品『ハイキュー!!』では舞台が仙台市と明記されている。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。」最終更新 2020年4月1日 (水) 04:35

第01巻(発売日2010/06/04)

四ッ谷先輩とは、怪談噺と引き換えに、怪奇事件を解決すると噂される“幻の生徒”! 中島真は行方不明の親友を捜そうと彼の下へ…。世間を震撼させる連続幼女殺人事件との関連は!? 迷コンビ誕生の第1巻!!

第02巻(発売日2010/08/04)

突如流行り始めたこっくりさん。だがルールを間違えると、ちがう“児躯履”さんが現れるという…。窮地に立たされた真は、四ッ谷先輩に救いを求めるが、連鎖する事件には不吉な影が…!? 読切「アソビバ。」収録。

第03巻(発売日2010/09/03)

パニックに陥った全校生徒の前で怪談を語り始めた四ッ谷先輩! 狐狗狸さんは帰ってくれるのか!? そして真達は次なる「花子さん」事件へと挑む…! 涙と感動の完結巻! 描き下ろしを含む読切3本も同時収録。

この他の古舘春一の作品

0 0 votes
評価 / Rating

関連記事

  1. [Code:000×矢吹健太朗] ダーリン・イン・ザ・フランキス

  2. [和月伸宏] るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編―

  3. [河下水希] あねどきっ

    [河下水希] あねどきっ

  4. [Tiv] ぼくラはミンナ生きテイル!

  5. [ヨコオタロウ×三輪士郎×倉花千夏×森山大輔] 君死ニタマフ事ナカレ

    [ヨコオタロウ×三輪士郎×倉花千夏×森山大輔] 君死ニタマフ事ナカレ

  6. 樋口大輔 – GO AHEAD

0 0 votes
評価 / Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x