MENU

堀越耕平 - 逢魔ヶ刻動物園

URLをコピーする
URLをコピーしました!
堀越耕平 - 逢魔ヶ刻動物園
©堀越耕平 / 集英社

『逢魔ヶ刻動物園』(おうまがどきどうぶつえん)は、堀越耕平による、日本の漫画作品。
堀越にとって初の連載作品。夕方になると動物たちが人間のような姿に変身する「逢魔ヶ刻動物園」を描いた少年漫画。作者公認の略称は「オーマガ」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2010年2号に読切版が掲載された。その読切をもとに『週刊少年ジャンプ』2010年32号から2011年19号まで連載された。話数カウントは「第○話」。全37話。また単行本5巻には後日話として書下ろしの「5210(ごじつ)話」も収録されている。

単行本2巻で古舘春一が、単行本3巻で田中靖規(堀越の師匠)が本作のイラストを寄せている。単行本4巻には本作の読切版、単行本5巻には『僕のヒーローアカデミア』のプロトタイプとなった読切『僕のヒーロー』が収録されている。

呪いによってウサギの姿に変えられてしまった逢魔ヶ刻動物園の園長・椎名と、夏休みの間に自分を変えたくて逢摩ヶ刻動物園の飼育員アルバイトになった女子高生・蒼井華は、園の動物たちとともに「天下一の動物園」を作るために奮闘する。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「逢魔ヶ刻動物園」最終更新 2020年4月4日 (土) 14:40

第01巻(発売日2010/11/04)

逢魔ヶ刻――。暗くなり、「魔に逢う」とされる時間。動物好きの蒼井華は、憧れの飼育員になるため、山奥の動物園に初めてのアルバイトへ向かう。しかし、日が暮れ始める頃…!? ようこそ、逢魔ヶ刻動物園へ!

第02巻(発売日2010/12/29)

動物園で唯一、反抗していたライオンのシシドが園の仲間に加わり、一つとなった園長達。しかし、隣の牛三市にある水族館からの来園者によって大事件が発生! 動物園の仲間・イガラシがさらわれてしまい!?

第03巻(発売日2011/03/04)

仲間を奪還するため、水族館の幹部たちとの激しい戦いを繰り広げる動物園メンバー。そしてついに、イガラシの待つ館長室へと辿り着いた椎名は、同じ運命を背負った館長・伊佐奈との最終決戦に臨むことに…!?

第04巻(発売日2011/06/03)

またひとつ、椎名の呪いが解けた事に喜ぶ華たち! そんな時、華に友達から補習授業の事を知らせるメールが届く。久しぶりの学校に浮かれる華だったが、そこで同級生の菊地から突然、思わぬ相談を受けて…!?

第05巻(発売日2011/08/04)

ヤツドキサーカス団との提携交渉決裂!? さらに、離れ離れの園長と華にサーカスを陰で支配する者の正体が明かされ、動物園VSサーカス団の闘いもついに最終局面! いくつもの“面白”が溢れる笑顔の最終巻! 【同時収録】僕のヒーロー

この他の堀越耕平の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる