MENU

赤坂アカ - ib -インスタントバレット-

URLをコピーする
URLをコピーしました!
赤坂アカ - ib -インスタントバレット-
©赤坂アカ / KADOKAWA

『ib-インスタントバレット-』は、赤坂アカによる日本の青年漫画作品。『電撃マオウ』(KADOKAWA)にて2013年9月号から2015年8月27日発売の同年10月号まで連載。作者の赤坂アカは、『さよならピアノソナタ』のコミカライズやボーカロイドソフトウェア『IA -ARIA ON THE PLANETES-』で知られるイラストレータである。単行本は全5巻。

周囲から疎まれ、孤立している少年・深瀬クロ。彼は、幼なじみである十色といろはの幻覚を抱え、「この世界のすべては敵だ」という思想を持っていた。
あるクリスマスイブの夜、一人街を歩いていたクロは、周囲には見えない黒い化け物と、それの破壊行動に巻き込まれそうになったセラ(姫浦瀬良)という少女に出会う。ヒーロー願望と手榴弾を生み出せる魔法を持つセラと共に化け物を退けたクロ。しかし、化け物の正体はクロの破壊衝動が生み出した魔法であった。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「ib インスタントバレット」最終更新 2019年3月14日 (木) 08:50
目次

第01巻(発売日2014/04/24)

この世界のすべては敵だ。周囲から疎まれ、孤立している深瀬クロは、クリスマスイブの夜に魔法使いを名乗る少女・セラと出会う。セラの魔法が「視えた」クロは彼女に誘われ、街なかに現れた化け物を協力して退治することになる。しかし、その化け物の正体はクロと関係があり……。

第02巻(発売日2014/04/24)

この世界を壊すのは僕だ。魔法-ib-を手に入れた深瀬クロは、自分が世界を壊すと決意するが、そこにもう1人のib・セラが先制して街に核を落とそうとする。その危機を切り抜けたクロは、魔女の手引きによりibである我の強い少女・藤波木陰と飄々とした青年・諸木亮太と知り合う。そして木陰も自分が世界を壊すと言い出し、クロと対立することとなり……。

第03巻(発売日2014/11/27)

魔法-ib-を手に入れ、世界を壊すことを決意した深瀬クロ。彼は、おなじくibと世界の破壊願望を持つ藤波木陰と諸木亮太と出会い対立するが、戦いの末お互いの主張を理解しあう。そんなさなか、ibの撲滅を掲げる警察庁警備局『COLORFUL』のメンバーがクロたちの前に現れ……。――これは、世界を滅ぼすための、恋の呪い。

第04巻(発売日2015/04/27)

悪意-その奥にある破壊願望-を起源とする魔法-ib-を手に入れ、世界の破壊を誓う深瀬クロ。彼はibである藤波木陰と諸木亮太が仲間になり、ひと時の安らぎを得たのだが、直後に恋人である魔女が警察庁直轄組織『COLORFUL』に殺される。その絶望にクロのibが暴走を始め――!? これは、誰かの替わりになりたかった、悲しい願い。

第05巻(発売日2015/10/27)

この世界には、正しい正義も悪もない。
世界の破壊を叶える魔法-ib-を手に敵対組織『COLORFUL』と戦う深瀬クロ。
破壊のibを持つ姫浦瀬良が世界中の兵器を奪い、世界の破壊を宣言しそれを止めるため、クロはひとり動き出す。
クロの前に次々と立ちふさがる『COLORFUL』のメンバーにクロは――!?
――これは、正義(悪)になりたかった、誰かの物語。

この他の赤坂アカの作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる