MENU

矢吹健太朗 - 邪馬台幻想記

矢吹健太朗 - 邪馬台幻想記
©矢吹健太朗 / 集英社

『邪馬台幻想記』(やまとげんそうき)は、矢吹健太朗の漫画作品。1998年の『赤マルジャンプSpring』と『週刊少年ジャンプ』同年37・38号に掲載された同名の2本の読切を元に、『週刊少年ジャンプ』において1999年12号から29号まで連載された。単行本はジャンプ・コミックスより全2巻。矢吹の初となる連載作品であり、弥生時代の日本を舞台としたファンタジー漫画である。

舞台は紀元3世紀の倭国。戦乱の時代を迎え、倭国がいくつもの国に分かれる中、邪馬台国の女王・壱与は、前女王・ヒミコの遺志を継ぎ、倭国統一を目指していた。一方、祖国を戦乱で失った少年・紫苑は、陰陽連の命令で国王を暗殺して国を滅ぼす「国崩し」を行っていた。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「邪馬台幻想記」最終更新 2020年2月12日 (水) 14:41
目次

第01巻(発売日2008/06/18)

【ページ数が多いビッグボリューム版!】戦乱続く倭の国で出会った強き二つの心…。邪馬台国女王・壱与と、方術士・紫苑の二人は、倭国統一を誓い、伝説の神都・高天の都を目指し、旅に出る。だが、その行く手には方術の使い手・陰陽連が待ち受ける! 果たして二人の幻想は一つに紡がれるのか…。

この他の矢吹健太朗の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる