MENU

杉井光×岸田メル×Tiv - 神様のメモ帳

URLをコピーする
URLをコピーしました!
杉井光×岸田メル×Tiv - 神様のメモ帳
©杉井光・岸田メル・Tiv / KADOKAWA

『神様のメモ帳』(かみさまのメモちょう)は、杉井光のライトノベルを始めとするメディアミックス作品。
イラスト担当は岸田メル。電撃文庫より2007年1月から刊行されていた。
漫画版は『月刊コミック電撃大王』(アスキーメディアワークス)2010年8月号より2012年9月号に連載され作画はTiv。主人公である鳴海がアリスの助手をしている理由等の説明を省略し、原作の2巻に相当する話から始まり、1巻の話は回想シーンとして語られた。
アニメ版は2011年7月から9月まで、AT-Xほかにて放送された。全12話。30分番組であるが、第1話は原作者である杉井が書き下ろした原案を基にした、アニメオリジナルエピソードを60分枠スペシャル番組として放送した。 2話以降は原作から時系列が変更され、2巻→5巻(短編)→4巻→5巻(短編)→1巻の順で放送された。

都心の繁華街やその周辺の高校などを舞台に、普通の高校生である主人公・藤島鳴海と、雇い主である探偵・アリス、探偵をサポートするニート達が活躍し、ドラッグや暴力団といった現実的・都市的な脅威を描いている。略称は『神メモ』。ナルミの通っている高校、アリスの探偵事務所などがある街は、東京都心部であることしか書かれていないが、インタビューにおいて作品の舞台が渋谷であることが著者本人によって明かされている。
公式のあらすじで、「ニートティーンストーリー」として紹介されている。作中に登場する多くの人物は、就学せず就労せず職業訓練もしていない若者、つまりニートであることが大きな特徴として挙げられる。なお、この「ニートティーン」(NEET TEEN)という言葉は本作の執筆当時の仮題であり、英語で回文になっている。現在は作者の公式サイトの名称、アニメのサブタイトルとして使われている。

電撃文庫編集者へのインタビュー記事では本作を「多くの人にとってはどうでもいいが少しの人にとっては大変重大な事件をヘタレな主人公が葛藤しながら解決していく点とヒロインの怜悧さ・偏屈さ・初心さ・もろさが入り混じったかわいさが本作の魅力」との趣旨で評している。
本作はプロットよりも先に、まず核となるキャラクターから作りこんでいき、「女子高生が屋上から飛び降りる」という事件を先に設定し、そこに肉付けする形でストーリー展開を考えていったため、渋谷を舞台とした麻薬やギャングが登場する作品となった。また『池袋ウエストゲートパーク』からも強く影響を受けている。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「神様のメモ帳」最終更新 2020年4月4日 (土) 00:59
目次

第01巻(発売日2012/09/27)

PC、ぬいぐるみに囲まれ、ドクターペッパーを主食に、パジャマ姿で事件を追う、ひきこもりニート探偵・アリスとその仲間たち。ニート予備軍・藤島鳴海は、このニート探偵の助手をつとめる高校生。アリス率いるニート探偵団と鳴海の奮闘の日々が描かれた、ベストセラー青春ミステリー小説シリーズ、初のコミック化!

第02巻(発売日2012/09/27)

高校生・藤島鳴海は現在助手のバイト中。雇い主は、自称ニート探偵の少女、アリス。平凡な高校生だった鳴海がこの道に入ったのは、ある少女との出会いがきっかけだった。 篠崎彩夏。 園芸部。

第03巻(発売日2014/01/30)

渋谷の町のニートを束ねる探偵少女・アリスは、PCとぬいぐるみに囲まれドクターペッパーを飲みながら事件を解決するひきこもり。そんな彼女の助手となった高校生・藤島鳴海の見習い探偵物語。

この他の杉井光の作品

この他の岸田メルの作品

この他のTivの作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる