三浦勇雄×屡那 – 聖剣の刀鍛冶

©三浦勇雄・屡那 / KADOKAWA

『聖剣の刀鍛冶』(せいけんのブラックスミス、The Sacred Blacksmith)は、三浦勇雄による日本のライトノベル。イラストは屡那が担当。MF文庫J(メディアファクトリー)から2007年より刊行。また、それを原作としたメディアミックス展開が2009年より行われている。『上等。シリーズ』に続く三浦勇雄の第2作で、イラスト担当者も同じ。

作者による略称は「聖剣」。作者が知人と相談した際には「刀鍛冶」「聖刀」「聖ブラ」といった案が挙がった。この他の略称として「ブラスミ」など。2009年に漫画化され、『月刊コミックアライブ』2009年5月号から2017年3月号にかけて山田孝太郎によって連載された。また、同年10月からはテレビアニメの放映も行われ、それに関連したラジオ番組も同年9月より放送された。

本作では「刀」や「鍛冶」、「鍛冶職人(刀工)」を扱っており、作者の三浦は執筆に当たって取材を行い、それに準じた設定がされている。元貴族令嬢で騎士団員のセシリー・キャンベルは、父から受け継いだ古い剣を鍛えてくれる鍛冶屋を探していた所、街中で暴れていた男を剣で撃退する青年と出会う。その青年の名は、ルーク・エインズワース。鍛冶屋を営んでいるというその青年と、彼の助手のリサ、そして、訳あって警護をすることすることとなった魔剣「アリア」との出会いによって、セシリーはだんだんと聖剣とヴァルバニルをめぐる争いに巻き込まれていく。そして、自身に課せられた運命に翻弄され、芽生え始めた恋心に戸惑いつつも、三人と絆を深め合い、セシリーは一人の騎士として、また、一人の女性として成長していく…。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「聖剣の刀鍛冶」最終更新 2020年5月20日 (水) 10:52

第01巻(発売日2012/04/02)

かつて、大陸で“悪魔契約”を駆使した忌まわしい戦争があった。そして今――。騎士団に所属する元貴族の娘セシリー・キャンベルは、平穏となった今の世では禁忌となった悪魔契約の力を振るう暴漢を、奇妙な形の剣で一太刀の下に退ける男と遭遇した。セシリーは、父より受け継いだ寿命寸前の古剣を打ち直してくれる鍛冶屋を探していたのだが、一閃でその男の剣に惹きつけられる。しかもルークと名乗る謎めいた男は、鍛冶屋を営んでいるという。――衝撃の出会いが、すべての始まりだった!! 火花を散らす気鋭の作家・三浦勇雄が、剣筆絢爛に舞う本格ファンタジー、見!!参!!

第02巻(発売日2012/04/02)

鍛冶屋のルークのもとに、従者を連れた少女がやってきた。「帝国に刀鍛冶として招き入れたい」のだという。同刻、騎士のセシリーは三人の少女剣士に襲撃されていた。魔剣・アリアを連れていたため、一閃で打ち負かされこそしなかったセシリーだが、窮地に立たされ――!? ルークの過去に秘められた“聖剣”を巡り、帝国の不穏な思惑が策動し始める!! 鞘走り加速する壮大なファンタジー叙事、深く懐に踏み込み、第二閃!!

第03巻(発売日2012/04/02)

セシリーの叱咤からリサへの態度が軟化したルークは、不承不承ながらもリサの灰被りの森での野草の採集を手伝うことにする。一方、セシリーたちの暮らす独立交易都市・ハウスマンでは、人外による凄惨な通り魔事件が発生。セシリーたち自衛騎士団の眼前に現れたその人外は、全身いたるところから剣や槍を生やした、あまりにも異形すぎるモノだった。騎士団が懸命に包囲するも人外はこれを易々と突破し、灰被りの森へと逃走を始めるのだが――!? 太刀筋閃き変幻する壮大なファンタジー叙事、第三弾!!

第04巻(発売日2012/04/09)

セシリーたちが暮らす独立交易都市に、軍国からの使者・アーヴィングがやってきた。刀鍛冶のルークと軍国の聖剣師とで、技術交換をしたいとの申し出だった。帝国と群集列国も怪しい動きが察知されるいま、軍国としては当然の訴えではあるが、市長のハウスマンの態度は慎重だ。しかし、意外にもルークはこの申し出を受ける。何かに追われるような焦燥感を宿したルークに、セシリーとリサが同行し、軍国へと向かうことになる。そこで彼らを待っていた意外な人物とは――!? 白刃の下に鮮紅の花が咲き乱れる壮大なファンタジー叙事、怒涛の新展開!!

第05巻(発売日2012/04/09)

軍国から戻ったセシリーたち一行。混乱を極めた三国一都市による対ヴァルバニル戦の全権を帝政列集国や軍国が掌握することもひとまず保留となり、しばしの休息となった。異世界ファンタジー第五巻は、セシリー、ルーク、リサ、アリアたちのそれぞれの日常を描くショートストーリー。刃を休ませて油を塗り替える束の間にのみ観賞できる刃紋――本格異世界ファンタジーの“側面”をゆるり堪能されたし――。

第06巻(発売日2012/04/09)

おぞましい”聖剣の鞘”の運命を受け入れるセシリー。しかし、セシリーの様子は気丈というよりもむしろ楽観的にルークを信じ、覚悟を新たにしているようだった。そんなセシリーを救う手掛かりを求めて、ルークはとある小国家に残された初代ハウスマンの生家を訪ねる。強引に同行したセシリーとの小旅行となったのだが、不運にも小国家の統一を図る帝政列集国が送り込んだ剣士と対峙することに!! 凶気に満ちる魔剣イライザ・イヴァに、セシリーは!? 怒涛を写す刃文が鬼気削ぎ合う本格異世界ファンタジー、新章開戦!!

第07巻(発売日2012/04/09)

刹那、セシリーの目に飛び込んできた光景は、悪魔の群に蹂躙される独立交易都市ハウスマンだった!! 剣となったアリアを提げ、都市内へと突貫するセシリーを待ち受けるのは――!? 一方、都市の中にいたリサは突然の帝国軍の襲撃に遭い、ゼノビアと二人きりで人外の跋扈する都市内を逃げまどっていた。愉悦の笑みを浮かべて蛮行に耽るシーグフリードの深謀は果たして……? 戦火の坩堝が鋼も熔かす壮大なファンタジー叙事、真正面から刃向かう緊迫の刻!!

第08巻(発売日2012/04/09)

激しい斬撃を交わした交易都市と帝国軍。圧倒的な脅威を退けたひとときの平穏、身を粉に復興を誓うハウスマン市民たち――。そんな街中を歩くセシリーの姿に、騎士団員たちは面食らってしまう。その姿は……看護服!? 生傷の絶えないセシリーが、パティから治癒の祈祷契約の実地訓練を受けることになるのだが――? 一方の帝国も、新たな魔剣・ヴェロニカの担い手を定め、歪に片牙を剥く――。激戦の刃こぼれを研ぎ治す手入れ――それは次なる一閃を極めるための周到な布石!! 壮大なファンタジー叙事、新章穏やかに開幕。

第09巻(発売日2012/04/09)

激戦をかいくぐったセシリーとアリア。その影響か、アリアは剣の姿に変化できなくなってしまう。アリアが気に病まないようにと努めて明るく振る舞うセシリーだが、その胸裏を引き裂くように事件が起こる。風の魔剣を操る侵入者にアリアが奪われたのだ!! 囚われのアリアを救い出すべく救出部隊に志願したセシリー。異国の戦地で、魔剣を持たないセシリーは――!? 壮大なファンタジー叙事、疾風迅雷、一切の静穏を砕き飛ばす破剣の進撃!!

第10巻(発売日2012/04/09)

セシリーを守るために最後の変化の呪文で剣の姿のままとなったアリアを胸に、独立交易都市へと戻ったセシリー。しかし彼女を待っていたのは、ルークとユーインの消息が絶たれたという悲報だった。件のルークとユーインは、突如襲った地震によって閉じこめられたヴァルバニルの封印される洞窟内でその末端らしき触手との攻防を繰り広げていた。他の出口を探して灼熱の闇の中を彷徨い続けるルークたち。そしてその奥底で地面に突き立てられた直刀を見つけるのだが――!? 壮大なファンタジー叙事、薄闇の底で真紅に燃える刀身を打つが如き“鍛錬の刻”!!

第11巻(発売日2012/04/09)

ルークの変調をリサから明かされたセシリー。ルークは頑なに隠そうとしているが、セシリーとリサは互いに彼を支えることを心に誓う。ルークとの関係をどのようにするべきか悩んだセシリーは母に、亡き父との馴れ初めを聞くことにする――。一方、軍国ではゼノビアが付き人のシャーロットとともに城を抜け出し、大陸を包む不穏な空気に萎縮しかねない市井の声を聞くべく街中へ繰り出していた。また他方、帝政列集国のフランシスカは、主に従属する魔剣の定めをヴェロニカから見出そうとしていた……。穏やかな日常の中で覚悟を固めていく女たち、心底に銘を切り、居並ぶ!!

第12巻(発売日2012/06/29)

全市民の耳目を集めることとなったセシリーのプロポーズから数日、市民の移住計画と平行して騎士団による封印の再強化計画もまた開始されていた。ブレア火山の洞窟奥深くに広がる“氷の間”に幾本もの聖剣のレプリカが突き立てられる。その光景は、まるで墓標。――そしてこの計画が、新たな事態を引き起こすことに。一方、キャンベル家のメイド・フィオはセシリーのためにウエディングドレスを用意していた。かたやルークもまた、セシリーのためにリサとともに“ある刀”を打つ。やがてくる帝国との最終決戦を前に、一条の光がこぼれ射す、最新巻!!

第13巻(発売日2012/08/01)

騎士団のみならず都市にまだ残っていた市民たちからも結婚を祝福されるセシリーとルーク。その宴の片隅に佇む聖剣アリアは困惑していた。たとえ聖剣と呼ばれようとも”凶器”であることにかわりない自分に対して、親しげに声をかけてくる者たち。彼らは“魔剣の”アリアや銘無しと一体どんな関係だったのだろうか……? 一方、帝政列集国は移住を始めた都市市民たちを見逃し、非を負わずに総力を注げる“都市が兵士のみとなる”時を待っていた??。そして??決戦の刻!! 騎士の運命と剣の使命が研ぎ澄まされる最新巻!

第14巻(発売日2012/11/30)

都市を捨て、炎を上げて流れる溶岩の河向こう、ブレア火山の麓で迎撃の陣を組んだセシリーたち騎士団。しかしすでに都市を蹂躙せんと侵攻した帝政列集国はシーグフリードの振るう魔剣エヴァドニの力で溶岩を越え、進撃を止めることがない。そして遂に、都市騎士団と帝政列集国戦士団は、激しい剣戟を交わす乱戦に突入する。ルークが、ハンニバルが、ヒルダが、それぞれに己の剣のみで、魔剣を手にする敵と斬り結ぶ。そして、いまだ聖剣として覚醒しないアリアを手に、最前線に立つセシリーは――!? 壮烈な最終決戦の火蓋が切られる最新巻!!

第15巻(発売日2013/06/27)

王と、獣と、機械機構と、神とも呼ばれた“それ”――。過去、初代ハウスマンが実験台と呼び、いま、帝政列集国が魔王と呼ぶ、大陸の心臓“ヴァルバニル”が、遂に火山の頂に威容を表す。高濃度の霊体を吐く一撃で新たな“爪痕”を穿ち、触手で敵味方なく戦士たちを奈落に引きずり込む巨竜に為す術のないセシリーたち。一方シーグフリードは大量の魔剣を投じ、ある“作戦”をはじめようとしていた――。焔がすさび灼熱の炉と化す戦場の真ん中で、聖剣の騎士が真正面から立ち向かう!!壮大なファンタジー叙事最新巻、遂に決!着!

第16巻(発売日2013/11/28)

隕鉄を集める旅に出たセシリー、ルーク、リサ。道中はさながら新婚旅行のような雰囲気だ。そんな折、流星群が観測されたという噂のある軍国の港には、海賊を避けつつ新大陸からの女使者が交易を求めて来港する。彼女の正体は――!? アリア・リサ再会までの300年を駆け抜ける、疾風怒濤の番外編、つかまつる!!!

この他の三浦勇雄の作品

この他の屡那の作品

関連記事

  1. 葵せきな×狗神煌 – 生徒会の一存

  2. [松智洋/StoryWorks×矢吹健太朗] はてな☆イリュージョン

  3. 杉井光×ぽんかん⑧ – 生徒会探偵キリカ

  4. [松智洋/StoryWorks×矢吹健太朗] はてな☆イリュージョンR

  5. 葵せきな×てぃんくる – マテリアルゴースト

  6. [松智洋×ぺこ] 迷い猫オーバーラン!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

第01巻(発売日2012/04/02)

第02巻(発売日2012/04/02)

第03巻(発売日2012/04/02)

第04巻(発売日2012/04/09)

第05巻(発売日2012/04/09)

第06巻(発売日2012/04/09)

第07巻(発売日2012/04/09)

第08巻(発売日2012/04/09)

第09巻(発売日2012/04/09)

第10巻(発売日2012/04/09)

第11巻(発売日2012/04/09)

第12巻(発売日2012/06/29)

第13巻(発売日2012/08/01)

第14巻(発売日2012/11/30)

第15巻(発売日2013/06/27)

第16巻(発売日2013/11/28)

この他の三浦勇雄の作品

この他の屡那の作品

  • 第01巻(発売日2012/04/02)
  • 第02巻(発売日2012/04/02)
  • 第03巻(発売日2012/04/02)
  • 第04巻(発売日2012/04/09)
  • 第05巻(発売日2012/04/09)
  • 第06巻(発売日2012/04/09)
  • 第07巻(発売日2012/04/09)
  • 第08巻(発売日2012/04/09)
  • 第09巻(発売日2012/04/09)
  • 第10巻(発売日2012/04/09)
  • 第11巻(発売日2012/04/09)
  • 第12巻(発売日2012/06/29)
  • 第13巻(発売日2012/08/01)
  • 第14巻(発売日2012/11/30)
  • 第15巻(発売日2013/06/27)
  • 第16巻(発売日2013/11/28)
  • この他の三浦勇雄の作品
  • この他の屡那の作品