MENU

岡崎武士 - 精霊使い エレメンタラー

URLをコピーする
URLをコピーしました!
岡崎武士 - 精霊使い エレメンタラー
©岡崎武士 / 講談社

『精霊使い』(エレメンタラー)は、岡崎武士による漫画及び、それを原作としたアニメ。原作漫画は1989年からアニメ雑誌『ニュータイプ』(角川書店)にて連載されていたが、作者の病気(肺気胸)療養のため、最終決戦前に「第一部完」という形で1997年に未完のまま終了した。この年、『精霊使い』は第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。

単行本がニュータイプ100%コミックスから全4巻で刊行後、1999年から2000年にかけて角川スニーカー文庫より小説版全3巻(著:檜村美月)が出版された。小説版は檜村美月の独自創作により未完部分が補完され、物語は一応の完結を迎えた。その後、ニュータイプ100%コミックス版は絶版となったが、2007年に入り講談社からその復刻として再編集特別版が全3巻で刊行された。再編集にあたり岡崎武士自身による10年ぶりの「続き」が描き下ろされ、第3巻の巻末に収録された。書き下ろされた新作はわずか8ページであったが、岡崎はこれについて「ラストとして構想していたエピソードで、これ以降の物語はありません」と語っており、簡素ながら本家オリジナル版も実質の完結を迎えたこととなる。

8年間の連載にもかかわらず単行本が4冊(講談社版は3冊)しか刊行されなかったが、それは病気で断筆を決意するに至るまでにも途中3度の入退院があったことが大きな理由である。また、非入院時においても普段から栄養不足など様々な弊害で精神と体力を著しく消耗するなどの重大な危険を抱えており、比喩ではなく「死にかけ」の状態で作品が連載されていた。

精霊たちの望む理想郷を建設するための精剣戦争において、
・精剣戦争を活発化させる火が属
・精剣戦争を抑える地が属
・精剣戦争を監視する水が属
・命を運ぶ風が属
の四大属性に分かれた精霊使いたちは、幾代にもわたりながら覇を争っていた。ある日、勃発した精剣戦争に巻き込まれた甘えん坊な少年の覚羅は、目の前で片想いの相手の麻美を水が属の長の支葵にさらわれたことで、最強の精霊使いであるエーテルの精霊使いとして目覚める。覚羅は自分を助けてくれた露羽とともに地が属に身を寄せ、麻美を救って理想郷を築きあげるため、精剣戦争に身を投じる。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「精霊使い」最終更新 2020年10月23日 (金) 13:30
巻数情報

第01巻(発売日2007/10/23)

太古、地上のすべての物質は心を持っていたーー。物質に宿る心、すなわち精霊を支配し操る者たちは精霊使いと呼ばれ、万物の覇権をめぐって激しい戦争が起こったという。そして、長き時を隔て眠りから目覚めた精霊使いたちが再び覇権をめぐる聖なる戦いを始めようとしていた……。ごく普通の高校生・覚羅(かぐら)は、あらゆる精霊を統べる“エーテルの精霊使い”として覚醒し、数多の精霊使いたちが繰り広げる聖戦の渦中へ飛び込んでゆく!!

第02巻(発売日2007/11/22)

まだ能力が目覚めきっていない覚羅(かぐら)の命を狙って、強大な力を持った精霊使いたちが次々に覚羅へと襲いかかる! 一方、精剣戦争終結のカギを握るというエーテルの精剣を巡り、鋼の精霊使い・鯉邑(こいむら)と、白金の精霊使い・比冴(ひさえ)が、命を懸けた戦いを始めるのだった……。そして、熾烈な戦いの中で、自らの戦う理由を見つけた覚羅は、真の精霊使いとして再び劇的な進化を遂げるッ!

第03巻(発売日2007/12/21)

世界を闇へ還す者、鞘継(さやつぐ)現る!! 永劫に続く精剣戦争を生き続け、その男は、覚羅(かぐら)を待っていた……。覚羅は、100余万の精霊を配下に従える、史上最強の精霊使いに成長した――。精剣戦争の記録、ここに完結!! 特別描き下ろし「チトノジンシ」8P収録!! 10年ぶりに描かれる「精霊使い」の後日談!! 麻美(あさみ)は、覚羅は、どうなった……!?

この他の岡崎武士の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

巻数情報
閉じる