MENU

安西信行 - MAR

URLをコピーする
URLをコピーしました!
安西信行 - MAR
©安西信行 / 小学館

『MÄR - Märchen Awakens Romance』(メル)は、安西信行による日本の少年漫画。2003年から2006年まで『週刊少年サンデー』(小学館)で連載されたバトルファンタジー漫画。タイトルは、ドイツ語のMärchen(メルヘン)にちなむ。しかし、北米での公式な読み方は「マール」。2005年4月に『MÄR-メルヘヴン-』のタイトルでテレビ東京系列にてアニメ化、その後コナミデジタルエンタテインメントからテレビゲーム・トレーディングカードゲーム化された。

本作品の重要なアイテムであるÄRMは、安西の趣味であるシルバーアクセサリーを基に考案された。ちなみに原作・アニメ内では指輪やブレスレット、ネックレスなどの種類があるが、実際に商品化された際には指輪に統一されている。当時、『サンデー』連載中の作品としては、単行本の売り上げが『名探偵コナン』に続く第2位まで上昇するほどのヒット作であったが、安西の意向により全15巻で終わることとなる。そして2006年39号から2007年28号まで、星野倖一郎の作画による続編『MÄRΩ』(オメガ)が連載された(全4巻)。メルの公式ファンブック『アクトシルバー』も発売されている。アニメにおいては、テーマソングを全てのオープニング・一部のエンディングにおいてGARNET CROWが歌っている。特に2006年の同アーティストのシングルCDリリースは「籟・来・也」「まぼろし」を除き、すべて同番組のタイアップである。その理由としてGIZA studioのバックアップによることが挙げられる。

メルヘンの国に憧れていた普通の中学2年生・虎水ギンタは、「門番ピエロ」と呼ばれるÄRMの力で異世界、メルヘヴンへ召喚された。この世界では、ÄRMという魔法のアクセサリーが存在し、それを使用することによって、使用者に力を与えることができる。メルヘヴンに来たギンタは「バッボ」という生きたÄRMと出会い、仲間たちと出会い、共に戦闘集団「チェスの兵隊(コマ)」に立ち向かう。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「MAR (漫画)」最終更新 2020年8月11日 (火) 03:05

壁紙などの画像はこちらでまとめています。

目次

第01巻(発売日2003/05/17)

虎水ギンタは、クラスの中でも全然パッとしない中学2年生。いつの頃からかおとぎの国の夢を見るようになった。おかしの家に喋る木。三本の首の鳥が空を飛び、小人や妖精もいる。そんな平和な世界に魔王が現れて、姫をさらう。自分は魔王と戦い、姫を助ける…。そんな夢をもう100回以上も見ているのだ。そんなある日、教室の中に夢の世界につながる「扉」が突然現れた。クラスメイトが止めるのも聞かずに、ギンタはずっと憧れていた世界へと旅立つ。

第02巻(発売日2003/07/18)

夢見ていたメルヘンの世界へたどり着いて5日、ギンタはジャック、バッボとともに元の世界へ帰る方法を探す旅を始めた。ジャックの案内で訪れたパヅタウンで、異次元へ行けるディメンションARMのことを尋ねて回る。そしてギンタの求めるARMは、王様や魔女、そして造り主くらいしか持っていないという最上級クラスの「門番ピエロ」と呼ばれるものだと判明する。それでもギンタは落ち込むどころか、その途方もなさにワクワクを隠し切れないのだった。

第03巻(発売日2003/10/18)

スノウを救い出したギンタは、エドワードからメルヘヴンの地図を見せられ、この世界についていろいろと教えられる。そしてメルへヴンには、過去にも一度、ギンタが居た世界から1人の男が来ていたという事実も…。その頃、レスターヴァでは、ファントムの指揮により戦闘集団“チェスの兵隊(コマ)”が動き始めていたのだった!!

第04巻(発売日2004/01/17)

現実世界ではギンタの母が落ち込んでいた。メルヘンの国をバカにしたため、ギンタが家出したと思っていたのだ。そんなギンタの母を励まそうと、小雪は毎日ギンタに夢の中で会っていると言う。その夢の話はメルヘブンの出来事と不思議なほどリンクしているのだった。そのころギンタ達は、メルへブンを救う8戦士のチーム名を[メル]と名付け、結束を誓い合っていた。

第05巻(発売日2004/04/17)

6年ぶりに行われることになったウォーゲーム。メルヘヴンの戦士たちはその参戦資格を問うテストに挑むが、結果は惨憺たるものだった。アルヴィスを除くクロスガードのメンバーは誰一人合格できず、再起不能のダメージを与えられてしまう。結果として合格者は、ギンタたち[メル]のメンバー5人を含め全部で6人。そんな中スノウとエドワードは、お告げ通りの人数が集まったことに希望を膨らますのだが…

第06巻(発売日2004/06/18)

メルチーム対チェスの兵隊で戦われる、ウォーゲームの2ND(セカンド)バトル。1勝1敗で迎えた最終戦で、メルからはドロシーが登場した。対するチェスのマイラは、敵を体内に取り込んで破壊する、流動体のガーディアンARM「バキュア」を操るやっかいな相手だ。だが、試合開始直後に手持ちのARMをやられても、ドロシーは不敵な笑みを見せたまま。本格的バトルは初披露となるドロシーだが、一体どんな戦い方を…!?

第07巻(発売日2004/09/17)

ホーリーARM(アーム)「アリス」を使って第4戦を勝利で飾るギンタだが、次なる最終バトルではアルヴィスに対してナイトクラス・ロランが登場する…!!

第08巻(発売日2004/12/17)

4THバトルの第二試合、ジャックVSコレッキオが開始された。さっそくアーンビーンズを繰り出すジャックだが、氷原フィールドでは植物は育たず防戦一方に。ついにはクロッキオのマジックハンマーを当てられ、その効果でジャックの体が小さくなってしまった。果たして、ジャックはこの絶体絶命のピンチを切り抜けられるのか!?

第09巻(発売日2005/03/18)

4THバトル、ここまで全勝のメルチーム。最終第六戦に登場したドロシーは、対戦相手のラプンツェルに深手を負わされるが、とっておきの””ガーディアンARM””クレイジー・キルトを使い逆転勝利を収める。そしてドロシーは、ラプンツェルに「ディアナ」という女を知っているかと問いかけて…

第10巻(発売日2005/06/16)

砂漠フィールドの5THバトル、第1戦はスノウVS.エモキス戦。お菓子を食べただけ強くなるというエモキス相手に苦戦を強いられるスノウだが、ここで魔法の国「カルデア」でもらった水のガーディアンARM・ウンディーネを出し、勝負を懸ける。

第11巻(発売日2005/09/16)

5THバトルの最終戦。ルベリアの元ボス・ガリアンVS現ボス・ナナシの因縁の対決は、佳境に突入!!ガリアンは、電気エイのようなガーディアンアーム「トルペディーネ」を出して決着を付けんとするが、それに対してナナシは「トルペディーネ」の発する雷を逆に利用。自身のガーディアン「ジムノート」を発動して、「トルペディーネ」を一気に粉砕する!!

第12巻(発売日2005/12/15)

6THバトル第四戦、メルチームはスノウが登場。だがその相手は、幼いスノウに仕えていたこともあるジャグラー、マジカル・ロウだった。かつてのお守り役がチェスの兵隊だったと分かり、動揺を隠せないスノウだが、非情にも試合開始のコールが鳴る!

第13巻(発売日2006/03/17)

最終決戦第一戦、植物使い同士の対決となったジャックVS.ヴィーザル戦。ヴィーザルは、敵の全ての植物を腐らせるガーディアン「枯れ木の鳥(ブライディングバード)」を繰り出し、ジャックのARM「メヒィトス」を撃破!6年前の戦争でもジャックの父を倒しているガーディアンを前に、ジャックは成す術なく敗れてしまうのか…!?

第14巻(発売日2006/06/16)

メル・チームの4連勝で迎えた、ウォーゲーム最終決戦の第五試合!チェスからは作戦参謀・ペタが登場。迎え撃つのは、盗賊連合「ルベリア」のボスでもあるナナシ。ペタに殺害されたルベリアの同志の無念を、ナナシは晴らすことができるのか?試合開始早々、ナナシのアーム「グリフィンランス」で、ペタを仕留めたかに思われたが…!?

第15巻(発売日2006/08/11)

レスターヴァ城に潜入し、ついにファントムに遭遇したギンタたち。アルヴィスは、スノウの救出をギンタに託し、一人残ってファントムと対峙する。そして戦意を失っていたファントムは、かつての恋人を想いながらアルヴィスの持つプリフィキアーヴェによってメルへヴンから姿を消した。一方、ギンタたちはクイーン・ディアナの部屋に乗り込んで…

この他の安西信行の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる