MENU

安西信行 - 烈火の炎

URLをコピーする
URLをコピーしました!
安西信行 - 烈火の炎
©安西信行 / 小学館

『烈火の炎』(れっかのほのお)は、安西信行による日本の少年漫画作品。および、それを原作としたテレビアニメ作品。『週刊少年サンデー』(小学館)で1995年の16号から2002年の9号までの7年間連載されていた。単行本は小学館:少年サンデーコミックスより全33巻、少年サンデーコミックスワイド版より全17巻、小学館文庫より全17巻のほか、コンビニコミック版が全12巻。なお、原作の第1話は週刊少年サンデーのホームページの中のサンデー名作ミュージアムに掲載されている。ヒロイン・佐古下柳の持つ特殊能力を巡って、主人公・花菱烈火とその仲間たちが彼女を守るために戦う、いわゆる「能力バトル」漫画。本作の連載が始まった当時の『サンデー』はラブコメ漫画やスポーツ漫画のイメージが強く、「バトルもの」がほとんど皆無の中での異色作だったが、結果的に「バトルもの」のヒット作となった。

安西信行の出世作であり、単行本の累計発行部数は2500万部を超えている。1997年のアニメ化がきっかけで知名度を上げ、それからは原作が完結するまで最新巻が出る度にコミックス売り上げランキングの上位に食い込むなど高い人気があった。コミックス7巻、ワイド版4巻には、「外伝・風一夜」が掲載されている。主人公は風子で、彼女の中学生時代のエピソードが描かれている。連載が始まる前、当時のサンデー編集長から別のタイトル案として「烈火100℃」と「かっとび烈火」を提案されたが、最終的に「烈火の焔」になり、ギリギリのところで「炎」に変え、「烈火の炎」になった。編集者から「時代劇みたいじゃん」と言われるも「そういう要素も出てくるから」と言って「炎」に変えたという。また、本作は連載が始まる前から最後までの展開を決めており、連載中、読者から「終わらないで!」という手紙も来たが、引き延ばしせず、予定通り完結させたという。

忍者にあこがれる主人公・花菱烈火は、炎を生みだす不思議な力を持っていた。烈火はある日、治癒の力を持つ少女・佐古下柳と出会い、お互いの力を打ち明けたことで友人となり、烈火は柳を守ることを誓う。謎の女性、影法師の出現により、烈火達は魔力を持つ道具、“魔導具”の存在を知ることとなる。ある日、何者かにさらわれてしまった柳を取り戻すため、烈火は友人の霧沢風子や石島土門と共に、影法師から教えられた館に向かう。館では魔導具を持つ敵達が待ち構えていたものの、仲間達や、以前烈火と戦った水鏡凍季也の協力により最後の部屋へとたどり着き、烈火と同じ炎を生みだす力を持つ紅麗と対決する。しかし、紅麗の炎、“紅”の力の前に烈火達は歯が立たない。窮地に陥った烈火は、影法師の助言により自身の炎を抑える手甲を外す賭けにでる。手甲を外した事により、烈火の中に眠る炎、“八竜”が目覚めた。烈火は八竜の力によりなんとか紅麗を退け、柳を救い出すことに成功する。その後、烈火は影法師から自分と紅麗の過去を知り、決着をつけるため、仲間達と“裏武闘殺陣”へ出場する。裏武闘殺陣で紅麗との死闘を終え、平穏な暮らしを送っていた烈火たちだったが何者かに襲撃される。彼らは、森光蘭率いる、“裏麗”だった。森光蘭の狙いが、危険な魔導具・“天堂地獄”にあることを知った烈火達は天堂地獄の破壊に向かうのだった。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「烈火の炎」最終更新 2020年9月24日 (木) 07:23

壁紙などの画像はこちらでまとめています。

目次

第01巻(発売日1995/09/18)

花火師である父親と2人暮らしの少年・花菱烈火は、「忍者」に強い憧れを抱く高校1年生。地元では負けナシと恐れられている同級生・石島土門をも一蹴してしまう烈火は、日頃から「ケンカでオレに勝ったらその人の『忍』になる」と公言しているものの、いまだに自らの君主を見つけられずにいたが…。400年の時を超えた因縁を巡る戦いが幕を開ける!炎を操る烈火が繰り広げる、長編忍術スペクタクル!!

第02巻(発売日1995/11/18)

夢で見たお姫さまにそっくりな女の子・佐古下柳を守っていくことに決めた烈火。謎の女性・影法師の出現により、幼なじみの風子や「閻水」という不思議な水の剣を操る少年・水鏡との戦いを強いられていく烈火たち。そして、その果てには熾烈極まるさらなる戦いが待ち受けていた!

第03巻(発売日1996/01/18)

紅麗配下の導具使い・小金井と木蓮の襲撃を受け、誘拐されてしまった柳。紅麗の館で目覚めた柳は、「永遠の命」を欲する森光蘭のあさましい陰謀を知ることになる。なんでも、森光蘭は「柳の治癒能力に『永遠の命』へのヒントがある」と考えているらしいのだ。一方、病院のソファで目覚めた烈火は、柳が誘拐されたことに気づいて…!?

第04巻(発売日1996/05/18)

烈火と紅麗の力の差は歴然。烈火は最後の手段として、炎のパワーをセーブする手甲をはずすことに。烈火の腕から解き放たれた「八俣の火竜」の勢いは、紅麗の「紅」をもしのぎ、紅麗撃退に成功する。無事に柳と再会した後、影法師が烈火の出生の秘密を明かす。想像を絶する真実に、烈火の頭の中は大パニック!

第05巻(発売日1996/06/18)

結界に囲まれた火影の隠れ屋敷で、火影に関するすべての事情を聞かされた烈火たち。その信じられない真実に驚く暇もなく、紅麗配下の導具使いたちが襲いかかってきた。現れたのは「三羽烏」を名乗る3兄弟。それぞれが操る魔導具「嘴」「爪」「羽」の威力とは…!?

第06巻(発売日1996/09/18)

麗(幻)チームの次鋒として、再び烈火たちの前に姿を現した木蓮。幻獣朗の心霊医術により合成獣・人面樹と化したその強さは凄まじく、為す術なく敗北したチーム火影の先鋒・小金井はそのまま養分として彼の体内へと取り込まれてしまった。怒りに燃えるチーム火影は、次鋒・水鏡が木蓮との戦いに臨む!

第07巻(発売日1996/11/18)

木蓮との戦いで負傷した水鏡に代わり、副将戦に臨んだ烈火。だが、対戦相手の瑪瑙はどう見てもフツーの女の子。父親を人質に取られ、泣く泣く戦う瑪瑙を見た烈火は、元凶である幻獣朗への怒りが爆発!十神衆のひとりである幻獣朗は、密かに麗の首領の座を狙う野心の持ち主で…!?

第08巻(発売日1997/01/18)

自らの命と引き換えに凄まじい破壊力を生み出す、音遠の最終必殺技「葬送曲」。裏武闘殺陣の会場すら簡単に吹き飛ばすほどの破壊力を誇るこの技の発動を阻止できるのは、もはやリング上の烈火と水鏡のみ。だが、紅麗を想う音遠の純粋な心に打たれた烈火は、音遠への攻撃を躊躇してしまい…!?

第09巻(発売日1997/04/18)

裏武闘殺陣・準決勝の相手は魔元紗率いる麗(魔)。引き分けに終わった小金井対月白に続いてリングに上がった烈火は、人マネ忍者・火車丸に烈火しか操ることができないはずの「火竜」を使われて、いきなり大ピンチに。ところが、そのとき6匹目の竜「塁」が出現する!

第10巻(発売日1997/07/18)

準決勝の真っ最中、闘技場の外に出た柳の前に現れたのは、なんと闘技場で土門を相手に戦闘中であるはずの魔元紗だった!柳の悲鳴を聞いて駆けつけた烈火の応戦で、ひとまずは事なきを得るが、不死身の魔元紗には烈火の「火竜」による攻撃でもダメージすら与えられず…!?

第11巻(発売日1997/08/09)

チーム火影はとうとう決勝戦に進出!だが、喜びも束の間、決勝戦を控えてささやかな平穏を楽しむ烈火たちの前に突如正体不明の老人が出現する。魔導具にミョーに詳しいこの老人は、不吉な予言めいたアドバイスを残し、敵か味方かわからないまま姿を消してしまう。

第12巻(発売日1997/12/10)

謎の老人に連れられ、見渡す限りの砂漠が広がる異空間にやって来た烈火。するとそこに、見たこともない2人の男女が現れた。さらに次の瞬間、女の腕から炎術士特有の炎が発生し、烈火が体内に取り込んでいた八竜のうちの1匹「崩」が、彼女の正体だったと分かるが…!?

第13巻(発売日1998/03/18)

姉の死の真実を求めて試合にのぞむ水鏡だったが、水鏡にしか使えないはずの「氷紋剣」を操る戒に思わぬ苦戦を強いられる。自らの血を刃に変えて相打ちを果たすが、わずかの差で敗北してしまう。さらに、戒の口から姉を殺した男が自分の恩師であることを知ってしまい…!?

第14巻(発売日1998/05/18)

風子と命の対戦がはじまった。いきなりの毒針攻撃で命の危機にさらされた風子だったが、解毒剤のおかげで難を逃れ、本来のパワーを炸裂させる。だが、あまりに卑劣な命の行動によりまさかの逆転負け。チーム火影はもう1敗もできない、がけっぷちの大ピンチにおちいる!

第15巻(発売日1998/08/08)

麗(紅)の副将・ジョーカーの重力結界が小金井を競技場の端に追いつめる。絶体絶命の小金井は鋼金暗器・五之型「暗」でジョーカーに矢を放つも、結界に阻まれてしまう。誰もがジョーカーの勝利を確信した瞬間、ジョーカーの頭上に小金井が現れ、「パズルは完成した!!」と叫び…!?

第16巻(発売日1998/10/17)

紅麗が操る炎の化身、「紅」と「磁生」は砕いても砕いてもそのたびに再生し、烈火に襲いかかってくる。ただひとりであっても無敵の強さを発揮する紅麗に「紅」と「磁生」が加わり、烈火は絶体絶命のピンチ!会場の人々が烈火の敗北を意識し始めたその時、柳の叫びが場内に響く。

第17巻(発売日1999/01/18)

紅麗との最終決戦に打ち勝ち、裏武闘殺陣を勝利で終えた烈火たちは、久しぶりに学園生活に戻り、束の間の平和を楽しんでいた。水鏡は師・巡狂座のもとを訪ね、その消息を探っていた。一方、裏武闘殺陣の混乱を生き延びた森光蘭は、新たに直属部隊「裏麗」を結成していた。

第18巻(発売日1999/04/17)

最強の魔道具「天堂地獄」を破壊するため、封印の地に足を踏み入れた烈火たち。それより一足先に、森光蘭は煉華とともに「天堂地獄」の眠る洞窟を進んでいた。ところが、烈火たち火影暗殺に向かったはずの螺閃と鬼凛が彼の前に現れる。螺閃の真意とは…!?分かれ道でメンバーを2つに分けた烈火たちは、それぞれ裏麗の強敵と遭遇する!

第19巻(発売日1999/06/16)

地下水脈に落ち、風子・水鏡たちとはぐれてしまった小金井は、裏麗の一員・神威と対決。「可愛らしい少年が好き」と言う神威にすっかりペースを乱される小金井だったが、持ち前のスピードを生かして反撃に転じる。ところが、神威の隠れた岩かげで、小金井は異様なものを発見して…!?

第20巻(発売日1999/09/18)

烈火たちと別れ、単独行動をとっていた風子は裏麗の双角斎の襲撃を受ける。双角斎の不気味な言動に気圧された風子は、本来の実力を発揮できないまま、彼の魔道具「魂吸いの壷」に閉じ込められてしまう!一方、烈火たちは地下水脈に落ちた小金井とようやく再会を果たす。ところがそこに、鬼凛が現れ…!?

第21巻(発売日1999/11/18)

裏麗の首領・螺閃を退けた烈火たちは、火影忍軍最強の魔道具「天堂地獄」の封印された最後の洞穴へと向かう。一方、烈火たちを見送る螺閃の前に、水鏡を簡単に倒した裏麗の一員・葵が登場。死四天を裏麗の新たな首領に任ずることを、螺閃に認めさせるが…!?

第22巻(発売日2000/01/18)

復活した紅麗と共に、「天堂地獄」と一体化した森光蘭を追い詰める烈火。だが、森を父と慕う煉華と、裏麗の首領となった葵に妨害され、あと一歩で光蘭を逃してしまう。やがて「天堂地獄」を封印していた洞窟が崩れ始め、烈火たちの身にも危険が迫ってきた。このまま最悪の結末を迎えてしまうのか…!?

第23巻(発売日2000/04/18)

砕羽、円、崩、刹那、焔群、塁、虚空。計7匹の火竜を己の力として歩んできた者が、最後の戦いの前に成さねばならない事。それは八竜の長・裂神に会う事だ。それを前に烈火は仲間たちに、ひとまずの別れを提案する。一方、森光蘭の元に連れ去られた柳の身には危険が迫っていた!

第24巻(発売日2000/06/17)

時は永禄11年、桜火率いる火影忍軍は、悪鬼と恐れられる強国の武将・高杉正金の暗殺を企てた。それは高杉が側室にと狙う、ある小国の姫君・桜を守るための計画だった。だが、その企ては失敗に終わり、戦が勃発し、敗北を覚悟した桜姫は自ら命を絶ったという。その桜姫こそ…!?

第25巻(発売日2000/08/09)

柳は桜姫の生まれ変わりと知り、決意も新たに仲間たちと森光蘭の最後の砦「要塞都市-SODOM-」へ乗り込んだ烈火。そこで出会った謎の男は「HELLorHEAVEN」と呼ばれる森光蘭の巨城に柳がいると告げる。そこへたどりつくには、要塞内に5枚あるディスクを、烈火たちが1枚ずつ探さなければならないというのだが…!?

第26巻(発売日2000/10/18)

土門、烈火、風子とも敵を次々と撃破するが、ディスクは未だ入手できない。一方、小金井はバイオノイドドームで牙王と対決する。この牙王は、かつて土門に敗れ、その日から大好きだったチョコレートを絶っていた。土門を殺したその時こそ、チョコレートを好きなだけ食べられる。そう自分に課すことによって、攻撃性と残虐性を極限まで高めたのだった。

第27巻(発売日2001/01/18)

熾烈を極める、火影忍軍と裏麗の戦い。姫の危機を感じた烈火は先を急ぐが、目の前に執念の男・木蓮が立ちはだかる。烈火は火竜を繰り出すが、効果がない。しかも、烈火は木蓮に引きずりこまれ、水中深くへと沈んでしまった。勝ち誇る木蓮。だが、その木蓮が突然苦しみだして…!?

第28巻(発売日2001/03/17)

「MISSION5研究所」で合流した土門と陽炎。その2人の耳に、老婆の悲鳴が聞こえてきた。土門はロボットに襲われていた老婆を助けるが、その正体は裏麗四死天のひとり・キリトだった。同じようにか弱い老婆を装って風子に近づき、ディスクを奪ってきたらしい。そして、キリトはまるで生き物のように改造された魔道具「死愚魔」を使い、2人を襲う!

第29巻(発売日2001/06/18)

苦闘の末、5枚のディスクを手に入れ、全員無事一堂に会した火影忍軍。5枚目のディスクをセットすると、遂にファイナルミッション「HELLORHEAVEN」への門が開かれた。そこで彼らが目にしたのは、定員1名の7つのエレベーター。各自が選んだエレベーターは途中で自動的に止まり、その階で待ち受ける敵を倒さなくてはならないという。

第30巻(発売日2001/09/18)

ルートAを選んだ陽炎は、心を読む少女・鬼凜と、魔道具「光界玉」を使い全てを消す青年・螺閃の2人と対決。かつて誤って実の母を消してしまった螺閃は、母のことで苦悩する烈火を解放するため、陽炎の不死の呪いを消そうと考える。だが消す物の大きさに比例して、螺閃自身もそれ相応の物を奪われてしまう。

第31巻(発売日2001/11/17)

師であり、もうひとりの父親とさえ言える巡狂座と戦わなければならなくなった凍季也。苦悩しながらも彼は「氷成る蛇」で、巡狂座を倒す。既に自分の死期が近いことを悟っていた巡狂座は忌の際に、これまで隠されていた自分と凍季也、姉・美冬を巡る真実を語る。

第32巻(発売日2002/03/18)

遂に森光蘭のもとへとたどり着いた、土門、風子、薫、陽炎。そして、柳が生きていることを確認するが、柳は人形のようで表情ひとつ変えず、まったく喋らない。光蘭に意識をコントロールされ、仲間たちのことさえわからないのだ…。光蘭、そして魔道具を造ったもうひとりの男・海魔との最後の戦いが始まる!

第33巻(発売日2002/04/18)

「天堂地獄」を攻撃し、姫の精神操作を解くために、語り続けた烈火たち。そして、火影全員の心の声が届き、遂に姫は覚醒。烈火たちのもとへ戻ってきたかに思えたが、そのまま烈火の胸の中で…!?熾烈を極めた火影忍軍と森光蘭の戦いも、いよいよクライマックス。烈火は裂神を呼び、最後の戦いに挑む。多くの仲間たちと共に歩み、果てしなく続いた長き戦いに、遂に終止符が打たれる!

この他の安西信行の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる