MENU

桂正和 - D・N・A2 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

URLをコピーする
URLをコピーしました!
桂正和 - D・N・A2 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜
©桂正和 / 集英社

『D・N・A2 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』(ディー・エヌ・エー・ツー どこかでなくしたあいつのアイツ)は桂正和によるSF漫画作品、およびこれを原作としたアニメである。

『週刊少年ジャンプ』(WJ、集英社)誌上において1993年36・37合併号から1994年29号まで全42話で連載。『Vジャンプ』における「SHADOW LADY」の次となる桂正和6作目の連載作品。『WJ』上では「電影少女」の次に当たり、5作目の連載作品となる。単行本はジャンプ・コミックスより全5巻。
連載期間は10ヶ月弱と、事実上の打ち切り作品であったにも関わらず、テレビアニメ化とOVA化もされた。原作とアニメでは設定が若干異なり、話の順序や結末も異なる。さらに金田龍を監督に実写映画化する計画も有ったものの、頓挫した。作者はトレンディドラマ風に仕上げるつもりだったが、掲載誌の読者年齢層や、アンケートシステムの影響で、サイキック能力を用いたバトル要素を取り入れた。

DNAが人に無意識の行動指令を与えることが解明され、DNAの書き換えによって人の行動を制御する技術が確立された、63年後の未来。63年後の未来は人口増加により、子供を2人以上作ったら死刑という法律が作られるほどの人口過密に悩まされていた。そんな時代に、女性を虜にするDNAの持ち主メガプレイボーイ(以下、メガプレ)が法の隙間をすり抜ける形で100人以上の女性相手に1人ずつ子供を残していることが発覚する。メガプレDNAを受け継いだ子孫たちにより人口増加に拍車がかかることを危惧した政府は、メガプレの存在を未然のうちに無かったこととすることを決定。“DNAオペレーター”葵かりんを過去の時代に派遣し、最初のメガプレDNAの持ち主である男のDNAを書き換えることにした。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜」最終更新 2020年1月28日 (火) 03:49
目次

第01巻(発売日1993/12/02)

女性アレルギーでモテない桃生純太が、大モテのメガプレイボーイに変身!? それは未来から来たDNAオペレーター・葵かりんが純太に間違えて撃ったD・C・M(DNA変化薬)弾のせいだった!

第02巻(発売日1994/04/04)

純太に撃つハズだったD・C・Mが未来から転送されてきた。かりんは純太を屋上に呼び出すが、純太と倫子のキス・シーンを目撃。動揺したかりんは、竜二にD・C・Mを撃つという失敗を犯す…!

第03巻(発売日1994/07/04)

竜二を説得に行き、かりんがつかまった。純太はかりんを助けにむかうが…。メガプレのパワーを引き出した純太とDNA移植でパワーアップした竜二、二人のサイキッカーの対決がついに始まる!!

第04巻(発売日1994/10/04)

かりんは亜美にメガプレのことを話し、純太とつきあうよう頼みこむ。親友のことみから好きな人のことで相談を受けた亜美は、純太に告白しようとするが、ことみの好きな相手も純太とわかり…!?

第05巻(発売日1995/02/03)

全ての諸悪の根源は、以前、かりんを監視していた環境庁の森だった!かりんの前に現れた森は、その恐るべき野望を語り始める。一方、純太のもとには、純太の101番めの子・るららが現れ…!?

この他の桂正和の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる