MENU

鷹野常雄×小畑健 - BLUE DRAGON ラルΩグラド

URLをコピーする
URLをコピーしました!
鷹野常雄×小畑健 - BLUE DRAGON ラルΩグラド
©鷹野常雄・小畑健 / 集英社

『BLUE DRAGON ラルΩグラド』(ブルードラゴン ラル・グラド)は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2007年1号から2007年32号まで連載された原作・鷹野常雄、漫画・小畑健によるファンタジー漫画作品。単行本は全4巻が出版されている。

マイクロソフトより発売されたXbox 360用ゲームソフト『ブルードラゴン』の漫画化作品であり、本誌連載タイトルロゴの下部に『〜Xbox 360ゲーム(マイクロソフト)"BLUE DRAGON"より〜』との記載がある。『BLUE DRAGON』はゲーム・漫画・アニメ等のメディアミックス展開がされているが、本作は主人公が青い竜のカゲを使う以外、その他の作品と世界観が大きく異なる。連載話数の単位は「TALE」(テイル)。サブタイトルは英単語で表記されている。連載当初は週刊少年誌としては異例のメディアミックスや綴じ込み付録を行うなどで話題を集めたが、29話で打ち切りとなってしまった。「ラルΩグラド」の「Ω」の記号は作者曰く、「Ω(オメガ)」ではなくギリシア神話の「☊(ドラゴンヘッド)」で、発音はされない。

世界にはカゲと呼ばれる存在がはびこり、滅亡の危機に立たされていた。カゲを率いる闇女王(オプスキュリア)のビラが、カゲの本来の世界である「闇の世界(ノワール)」を壊し、人間たちが暮らしている光の世界を支配するため侵食したからである。物語の出発点となるスフェライト城もカゲに襲われる。ミオの進言により、城の地下に封じられていたカゲ「ブルードラゴン」グラドとグラドを宿す王子ラルは牢を出、城をカゲ達から守る。 その後ラルとグラド、それにミオは闇女王ビラを倒すための旅に出る。最終巻の巻末には、この作品の設定資料集などが載っている。その一つに、漫画とは違う最終回が文章で書かれている。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「BLUE DRAGON ラルΩグラド」最終更新 2020年8月26日 (水) 10:29
目次

第01巻(発売日2007/04/04)

【人類の危機を救うためブルードラゴンが放たれる!】無数のカゲを率いてこの世界から人間を排除しようとする闇女王(オプスキュリア)。それに対抗できるのは、カゲであるグラドを宿した状態で幽閉されたラルだけだった。そのラルがついに放たれ、ブルードラゴンが姿を現す。ラルとグラドの冒険と戦いを描くファンタジー、第1巻。

第02巻(発売日2007/07/04)

【新たな仲間とともにカサビア大陸へ!】カゲに襲われていたストラ城を救ったラルたちは、城を守っていた華縛りのカフカとともに新たな冒険へと出発する。ルリーラ街で岩獣を倒し、そこで出会ったスンスともに海を渡ったラルたちはカサビア大陸に上陸。そこでカゲに襲われている女性を発見する。ラルとグラドの冒険と戦いを描くファンタジー、第2巻。

第03巻(発売日2007/09/04)

【無敵の戦士ガネットとともに人々の救出へ!】大蛇獣=ジーガの罠にはまったラルは、危機一髪のところで無敵の戦士と呼ばれるガネットに救われる。ともに閣下五騎士のひとりビヨンを撃退し、ラルはガネットとともに戦うことを賭けて対決。彼に勝利したことで、一緒に人間の救助に向かうことになった。ラルとグラドの冒険と戦いを描くファンタジー、第3巻。

第04巻(発売日2007/11/02)

【ブルードラゴンがついに闇女王と対決!】ノアギアでレッドフェニックスと対峙したラルたちは、苦戦しながらも人間の力を見せることで勝利をつかむ。そして世界を守るために、光を取り戻すため、いよいよオプスキュリア討伐に向かうが、彼女は見るだけでカゲを殺す能力を持っていた。ラルとグラドの冒険と戦いを描くファンタジー、第4巻。

この他の鷹野常雄の作品

記事が見つかりませんでした。

この他の小畑健の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる