久保帯人 – BURN THE WITCH

©久保帯人 / 集英社

『BURN THE WITCH』(バーン・ザ・ウィッチ)は、久保帯人による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)の創刊50周年記念企画として同誌の2018年33号に読切作品として掲載された。その後、久保の代表作『BLEACH』の20周年記念プロジェクト「face again」の一環として『週刊少年ジャンプ』にてシリーズ連載を開始。Season1は2020年38号から41号まで短期集中連載された。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「BURN THE WITCH」最終更新 2020年10月2日 (金) 00:10

壁紙などの画像はこちらでまとめています。

第01巻(発売日2020/10/02)

【ページ数が多いビッグボリューム版!】“ドラゴン”―――古くより架空の生物と言われてきたが、実際は、“架空”でも“生物”でもない “異形の存在”であり、ロンドンに於ける死因の多くに、ドラゴンが関わっているとされる。しかし、一般市民はドラゴンの姿は疎か、その存在すらも知らず、唯一、ロンドンの裏側に拡がる街『リバース・ロンドン』の住人だけが姿を見ることができるのだった。その中で、ドラゴンの保護と管理を任された機関『WB(ウイング・バインド)』に所属する魔女(ウィッチ)の2人がいた――。

この他の久保帯人の作品

関連記事

  1. 岡本倫 – エルフェンリート

  2. [大場つぐみ×小畑健] プラチナエンド

  3. 瀬尾公治 – ヒットマン

  4. 吉河美希 – 山田くんと7人の魔女

  5. 高橋留美子 うる星やつら

    高橋留美子 – うる星やつら

  6. 岡崎武士 – 精霊使い エレメンタラー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

第01巻(発売日2020/10/02)

この他の久保帯人の作品

  • 第01巻(発売日2020/10/02)
  • この他の久保帯人の作品