MENU

桂正和 - SHADOW LADY

URLをコピーする
URLをコピーしました!
桂正和 - SHADOW LADY
©桂正和 / 集英社

『SHADOW LADY』(シャドウレディ)は、桂正和の描くSF漫画作品。
桂正和が映画の『バットマン』をモチーフとして描いた作品。タイトルの『SHADOW LADY』は変身に使う「アイシャドウ」と影を意味する英語の「シャドウ」をかけ、鳥嶋和彦が名付けた物である。同名の作品として以下の3作が存在する(掲載誌はいずれも集英社刊)。
・『Vジャンプ (VJ)』連載作品。以下「VJ版」。
・『週刊少年ジャンプ (WJ)』に掲載された読切作品。以下「読切版」。
・『WJ』連載作品。以下「WJ版」。
特に断りなく『SHADOW LADY』と言った場合、最も読者数の高い「WJ版」をさす場合が多い。このため『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』 (DNA2) よりも後の作品と認識している人が多いが、オリジナルとなる「VJ版」は「DNA2」に先立ち連載されている。
主人公の少女については名前などいくつか共通する点はあるものが基本的には全くの別人であり、境遇・性格をはじめとして3作それぞれで設定が大きく異なる。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「SHADOW LADY」最終更新 2019年9月14日 (土) 16:21
目次

第01巻(発売日1996/01/10)

【桂正和の描くコミカルでエッチな大怪盗!!】グレイシティに住むコモリアイミは、超シャイな17歳。そんなアイミが魔法のアイシャドウで、女怪盗「シャドウレディ」に大変身。今日もお供のデモ太と夜の街を駆け回る!! そんなある日、アイミは本田ブライトに一目ぼれするが、彼はシャドウレディを追う警察官で…!? 小悪魔系変身ヒロインストーリー、第1巻!

第02巻(発売日1996/05/10)

【ライバル登場!】シャドウレディに挑戦状を叩きつけたスパークガール。彼女の正体はブライトに恋する細川ライムだった! アイミはシャドウレディとして対決に応じるが、スパークガールは変身の秘密を知っていて…!? さらに、魔界の掟を破ったとしてデモが死刑に!? 阻止するために5つの魔石を集めることになり…!! 小悪魔系変身ヒロインストーリー、第2巻!

第03巻(発売日1996/09/04)

【シャドウレディ、一世一代の大ドロボウ!】5つの魔石を集めるシャドウレディ。だが、魔石の中の魔人は復活し、ブライトには殺人者だと勘違いされてしまう…! それでも魔人の世界破壊を阻止するため魔石を探し続けるアイミだが、ついに魔人ゼラが復活してしまい…!? 小悪魔系変身ヒロインストーリー、完結の第3巻! 【同時収録】SHADOW LADY/SHADOW LADYとびら絵コレクション

この他の桂正和の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる