MENU

葵せきな×てぃんくる - マテリアルゴースト

URLをコピーする
URLをコピーしました!
葵せきな×てぃんくる - マテリアルゴースト
©葵せきな・てぃんくる / KADOKAWA

『マテリアルゴースト』は、葵せきなによる日本のライトノベル。イラストはてぃんくるが担当。2006年、富士見ファンタジア文庫(富士見書房)より出版。第17回ファンタジア長編小説大賞佳作受賞作。

作者のブログにて本作の外伝的ストーリーである「オルタナティブゴースト」と「インビジブルゴースト」が掲載されている。自殺志願者の高校生、式見蛍は交通事故にあったショックにより「自分の半径2m範囲内の幽霊を実体化させる」という能力が発現してしまう。それがきっかけとなり、記憶喪失の幽霊の少女ユウと出会い、奇妙な同棲生活を送る事になる。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「マテリアルゴースト」最終更新 2020年7月18日 (土) 22:43
目次

第01巻(発売日2011/04/21)

「起きてよケイ! もう朝だって!」可愛らしい元気な声で、式見蛍の一日がまた始まる。枕元で彼を揺り起こすのは、超絶美少女。甘~い同棲生活――かと思いきや、同居人の正体は浮遊霊だった!? 一見フツーの高校生・式見蛍は交通事故を機に「自分から半径2m範囲内の霊を実体化する」という特殊能力を得る。その結果、記憶喪失の幽霊娘・ユウに「憑きまとわれ」ることに。普段はフワフワ浮遊している彼女も、蛍の側では体温&感触のある普通の女の子で――。容姿端麗だけど横暴な先輩・真儀瑠紗鳥やクラスメイトの巫女娘・神無鈴音らに囲まれて、蛍の賑やかな日常生活が幕を開ける。第17回ファンタジア長編小説大賞佳作。ファンタジック・ゴースト・ストーリー!

第02巻(発売日2011/04/21)

「ケイー! おっはよう! まだ五時だけど暇だからおっはよう!」布団の上から、美少女幽霊ユウに圧し掛かられ、式見蛍の一日がまた始まる。「ケイ~」「ええい、顔を擦り寄せるな!」[霊体物質化能力]という激しく使い道の無い能力を持ってしまった蛍。幽霊に触れるし、幽霊も彼になら触れる。そのためユウは、四六時中、蛍にベタベタ。そんなある日、蛍は、「可愛い女の子ウェイトレスが売り」のファミレスでバイトをすることに。そこで出会ったのは、美しく成長した、幻馴染みの女の子アヤ。ユウも、蛍の同級生・鈴音も、面白くなく……。ファンタジック・ゴースト・ストーリー、ちょっぴりホラーな(?)第2弾!!

第03巻(発売日2011/04/21)

「兄さん! 駄目だよ! それ幽霊だよ! 声かけちゃ駄目! 情けかけちゃ駄目! 兄さん、人がいいし純情だから、コロリと騙されちゃうよ! ほっといたら、同棲とかしちゃいそうだよ!」霊体物質化能力をもった“死にたがり”少年の蛍。もうすぐ夏休みだというある日、蛍のアパートに、妹の傘が現れた。傘には、彼に取り憑く浮遊霊ユウが見え、しかも、傘とユウの相性は最悪! さらにその夜、蛍は、強力な霊力を持つ、鈴音の姉・深螺に呼び出される。蛍は以前、彼女に「痛くもなく、苦しむこともなく死ねる方法、ありますよ」と言われたことがあり…。ファンタジック・ゴースト・ストーリー、波乱含みの第3弾!!

第04巻(発売日2011/04/21)

「センパーイ! センパイったらぁ! ちょ、無視ですかぁ!無視なのぉ! り、理不尽ですよー。犬のニャー君も『極悪非道だ』と断言していますよー」ついに(?)登場した帰宅部第三の部員・耀。右手には犬のぬいぐるみ、好きな人は真儀瑠紗鳥。独特のセンスとパワーに、蛍は圧倒される。しかも、彼女はある秘密を抱えていた。一方、ユウは、金髪の美少年ヘルメスと出会う。ヘルメス耀は知り合いだった。二人は、蛍たちの集まりに加わるようになり馴染んでいく。しかし、蛍はヘルメスに対して、わけもなく嫌悪感を覚える。さらに、ヘルメスが原因で、蛍とユウの間に亀裂が生まれ……! ファンタジック・ゴースト・ストーリー、核心に迫る第4弾!!

第05巻(発売日2011/04/21)

蛍、死す――。想像を超えた出来事に、ユウ、鈴音、沙鳥らは、茫然自失状態が続いていた。そんなある日、沙鳥は黒猫を拾い、「ホタル」と名づけ飼い始める。寂しさをホタルで埋め、一緒にお風呂をに入ったりする沙鳥。彼女が風呂から出ると、テレビでは緊急ニュースが流れており、沙鳥たちが通う高校が映し出されていた。高校の上空には、巨大な「繭」が。そして、「繭」の上には、あのタナトスの姿があった。彼は、全世界に向けて告げる。「皆さん、自殺してください」一方、最強巫女深螺は戦っていた。相手は、物質化した霊――[マテリアルゴースト]で…! ファンタジック・ゴースト・ストーリー、感動の最終巻!!

第00巻(発売日2011/04/21)

「萌えが嫌いな男子などおらん! 萌えさせろ、深螺! 式見蛍を、萌やして萌やして、萌やしつくしてしまえー!」と、実の父親にアドバイスを受けた最強巫女・深螺。これまで迷惑をかけたお返しにと、蛍の夢の中にメイド姿で現れる。彼女は蛍と強制的に精神をリンクして、共通の夢を見られるようにしたのだ。さらに、ユウ・鈴音・紗鳥・傘が呼び寄せられ、紗鳥の思いつきで「第一回後輩萌やし選手権」が開催されることになるのだが…(「夢見る少女じゃ、結構いられる」)。鈴音と蛍の出会い、紗鳥と蛍の出会いを描いた二編も収録。少女二人の蛍への想いの“原点”が明かされる。雑誌掲載3編+書き下ろし3編で送る、最強短編集、いよいよ登場!!

この他の葵せきなの作品

この他のてぃんくるの作品

記事が見つかりませんでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる