MENU

葵せきな×狗神煌 - 生徒会の一存

URLをコピーする
URLをコピーしました!
葵せきな×狗神煌 - 生徒会の一存
©葵せきな・狗神煌 / KADOKAWA

『生徒会の一存』(せいとかいのいちぞん)は、葵せきなによる日本のライトノベルシリーズ。イラストは狗神煌(いぬがみきら)。富士見ファンタジア文庫(富士見書房)より2008年1月から2013年7月までシリーズが刊行された。
当初は各巻のタイトルに必ず付けられる「碧陽学園生徒会議事録」(へきようがくえんせいとかいぎじろく)をシリーズ名としていたが、長すぎて覚えにくいため第1巻のタイトル『生徒会の一存』がシリーズ名となった。さらに短縮されて「生徒会シリーズ」と呼ばれている。2012年12月時点で累計600万部を発行している。私立高校・碧陽学園の生徒会の役員たちが生徒会室で繰り広げる駄弁を書き綴った連作短編小説。各話タイトルは「○○する生徒会」となるのが基本。

作中にメタフィクションが仕組まれており、「生徒会の優秀さを全校生徒に知らしめるため会長のくりむの命令で副会長の鍵が生徒会の日々を描いた小説を執筆し、富士見書房に掛け合って出版している」としてこの小説について言及される。第1期アニメ版では一話ごとに一ヶ月ずつ月が流れている。
作者自ら「4コマ小説」と評する登場人物のコミカルなやり取りと、随所に織り込まれたパロディが特徴(特にハルヒやドラゴンボールのネタが多い)で、担当編集の中村昭子は、作品の読みどころについて「たくさんの物が詰まっていて、いろいろな楽しみ方が出来る作品」と述べている。作者によれば「大事件が起こって、日常を取り戻そうとする」というよくある話を逆転し、取り戻したかった価値のある日常を書くことを企図した小説である。

本作の本編には編集部から要請された「続きの要素」として、各巻にプロローグとエピローグが挿入されており、生徒会を監視する「企業」の挿話を収める「企業編」は第5巻で完結、第6巻から最終巻である第10巻は卒業式前日から始まる生徒会の物語の終わりを描く「卒業編」となっている。
外伝には生徒会室内の出来事も話が多く収録されるものの、前半の巻は杉崎・椎名深夏の2年B組の出来事、後半は椎名真冬が在籍する1年C組の話が多く収録されているが、それに囚われず基本的には本編に収録されなかったサイドストーリーが多い。シリーズの読み進め方としては本編『碧陽学園生徒会議事録』シリーズと外伝・後日譚『碧陽学園生徒会黙示録』・『碧陽学園新生徒会議事録』を織り交ぜてシリーズの刊行年月日順に読み進めることを前提に構成されている。

本編である碧陽学園生徒会議事録「生徒会の一存」シリーズは2012年1月に全10巻をもって完結し、番外編である碧陽学園生徒会黙示録「生徒会の○○」シリーズは2013年7月に発売した第8巻である生徒会の祝日もって完結し、杉崎が3年生になったときの後日談(外伝)である碧陽学園新生徒会議事録「新生徒会の一存」シリーズも上下2巻で完結している。作者は2013年に発売した『生徒会の祝日』がシリーズ全体の完結であると明言しているため、シリーズ全体で全20巻で完結となる(図鑑も含めれば21巻)。しかしもしかしたら戻ってくるかもしれないという発言後に残している。その後2018年7月に第1巻発売から10周年を記念し、碧陽学園生徒会黙示録の9巻目となる『生徒会の周年』が発売された。
葵の前作『マテリアルゴースト』及び、後作『ゲーマーズ!』と同一世界観上にあり(時系列的には『マテリアルゴースト』の後、『ゲーマーズ!』の前)、作中でこれらの作品の登場人物や設定などについて触れられていることがある。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「生徒会の一存」最終更新 2020年7月23日 (木) 11:55

壁紙などの画像はこちらでまとめています。

目次

第01巻(発売日2010/12/01)

碧陽学園生徒会室。そこは選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。くり広げられるのは愛と戦いの日々…? 少年よいざ進まん、妄想という名の大海原を! ゆるくてポップな非日常系学園ストーリー登場!!

第02巻(発売日2011/01/27)

私立碧陽学園生徒会室――そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園……のはずだった。突如現れた「生徒会顧問」を名乗る美女。彼女は不敵に微笑んでこう言った。「この生徒会、今日でお終いだ。解散」――ここに来て、ついに物語に変化が!?

第03巻(発売日2011/02/17)

私立碧陽学園生徒会室――そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園(多分)。今日も今日とて何も起きない生徒会。あー平和だなー。事件は会議室で起きてるんじゃない、そもそも起きていないんだ! なーんちゃって。って、あれ? 実は結構、緊迫した事態に突入してますよ? 忍び寄る魔の手から、学園の平和を守れ! 行け、生徒会戦隊ガクエンジャー。

第04巻(発売日2011/03/10)

私立碧陽学園生徒会室――そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園(かどうか最近微妙)。登場時は儚げな年下美少女だったはずが、最近取り返しのつかないことになってきた真冬をメインヒロインに送る長編第四巻。やっべ、ついに来ちゃった? ライトノベル的展開! 他にも会長がツチノコを探してみたり、杉崎がプロポーズしてみたり。うん、見事なまでにいつも通りだね!

第05巻(発売日2011/04/07)

私立碧陽学園生徒会室。そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園――ですが! 「生徒会」だって、ずっと同じじゃいられないんです。出会いと別れをくり返し、人は成長するもの……。あの人の妹と出会ったかと思えば、あの人との別れがすぐそこに……。そしてあの話にもいよいよ決着が――って、ほら、すごい内容になってるっぽくない? え、いつもそんなこと言ってるって? ふ、ふん。あとで後悔しても遅いんだからねっ!

第06巻(発売日2011/05/26)

私立碧陽学園、生徒会室。そこでは美少女役員4名+おまけ1名が、今日も生徒諸君のために奮闘中です! ……このシリーズ、いい加減マンネリ気味じゃない? ――そんなことを思っているキミ、この超展開についてこれるか!? 色々な意味でドッキドキだぞっ! 勇者ケン・スギサキ、魔法使いウィンター、武闘家サマー、賢者モミジ。俺達の冒険は始まったばかりだぜ! 行くぜ! 未来へと向かって! ……おや、一人足りないよ?

第07巻(発売日2011/06/16)

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ! 美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、今日も汗水流して駄弁っております!! 今回、ひとりの少年が、己のこれまでの行いを悔い、ハーレム放棄を宣言した。――衝撃だった。季節はうつろい、刻一刻と迫ってくる「その時」。だけど俺達は、私達は、現実から目を逸らしちゃいけないんだ。そして、少年……杉崎鍵はさらに告げる。「残響死滅……」と。ついに物語は動く――か?

第08巻(発売日2011/07/21)

忘れないで……大切なモノは失って初めて気付くのだということを。何気ない日常の尊さ、正直に生きることの大切さを教えてくれる物語、「生徒会の一存」。今回もとびっきりの切なさを届けたい。そう、アナタに――。

第09巻(発売日2011/08/04)

「そういえばまだやってなかったね」的ノリで、ついにあの人の過去が明らかに! 金髪ツインテールや赤髪の美少女も登場でお楽しみ満載だ! (※「かつてないスケール」が何を指すかは、お手に取ってご確認ください)

第10巻(発売日2012/01/20)

杉崎はハーレム王になり、世界を救うことが出来るのか? あれ? そんな話だったっけ? まっいっか。全(ての)米が涙した卒業編、ついにクライマックス! これにてっ、第三十二代碧陽学園生徒会、解散っ!

この他の葵せきなの作品

この他の狗神煌の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる