MENU

吉河美希 - 山田くんと7人の魔女

URLをコピーする
URLをコピーしました!
吉河美希 - 山田くんと7人の魔女
©吉河美希 / 講談社

『山田くんと7人の魔女』(やまだくんとななにんのまじょ)は、吉河美希による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)で2012年12号から2017年12号まで連載。略称は『やまじょ』。吉河美希シリーズ・2作目の『週刊少年マガジン』連載作品。

時系列は前作『ヤンキー君とメガネちゃん』の後であり、第1話で登場人物の品川大地と千葉星矢が教師役でカメオ出演している。2013年8月10日からフジテレビにてテレビドラマが、2015年4月から6月までTOKYO MXにてテレビアニメが放送された。

朱雀高校に通う高校生・山田竜は、学園きっての問題児で不良少年。学校でも周囲から浮いた存在であり、友達も出来ずにいた。ある日、階段から落ちたはずみで優等生・白石うららとキスしてしまったところ、2人の身体が入れ替わるという不思議な現象に見舞われる。いくつかの実験と検証により、うららは『キスした相手と精神を入れ替える能力』、山田は『キスで魔女の能力をコピーする能力』を持っていることが判明する。

生徒会副会長の宮村虎之介にあっさりと入れ替わりを見破られた2人は、超常現象研究部に入部することになる。そこに超常現象マニアの伊藤雅と、帰国子女の椿剣太郎が入部。能力について探るうちに、朱雀高校には「魔女」と呼ばれる力を持った女子生徒が常に7人いてそれぞれが異なる超能力を持っていることが判明し、魔女探しをすることになる。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「山田くんと7人の魔女」最終更新 2020年8月7日 (金) 06:48
目次

第01巻(発売日2012/06/15)

キスで体が入れ替わる!! 『ヤンメガ』の吉河美希が描く、新感覚スクールラブコメディ!! ――朱雀(すざく)高校一の問題児・山田(やまだ)は今日も先生に怒られて超不機嫌。そのうえ、優等生の白石(しらいし)うららと一緒に階段から落っこちて、死んだ! と思ったら白石と体が入れ替わっていた!? 相性サイアクな2人が、学校中を駆け回る!! すべてはキスからはじまった――!!

第02巻(発売日2012/08/17)

キスした相手と体が入れ替わる能力を持つ山田(やまだ)の前に、やっかいな女子が次々現れる! 山田とうららがキスしてるのを見て誤解し、暴走して変なウワサを広めまくるオカルト女子・伊藤雅(いとう・みやび)。旧校舎に居座る女子弓道部部長・君島(きみしま)カレン。話聞かないやつらには……キスするしかねえか!?

第03巻(発売日2012/10/17)

2人目の「魔女」あらわるッ!! 「キスした相手と体が入れ替わる」につづく新たな能力登場! 山田(やまだ)のマズい場面を生徒会の小田切寧々(おだぎり・ねね)に撮られてしまった! おどしをかけてきた小田切から写真を取り返すためキスした山田だったが、小田切には能力が効かない! しかも山田とキスした宮村(みやむら)、伊藤(いとう)がそろいもそろってオカしくなっちまった! もしかして小田切も能力者!?

第04巻(発売日2012/12/17)

補習に加え、虜の能力にかかった宮村(みやむら)と伊藤(いとう)のせいでグッタリしてる山田(やまだ)を見かねたうららは、入れ替わりの能力で代わりに補習を受けることに。補習のあと、大塚芽子(おおつか・めいこ)がうらら(体は山田)に突然キスしてきた……!! 大塚は魔女!? その能力は!?

第05巻(発売日2013/02/15)

予知の能力で知った旧校舎の火事を防ぐため動き出した山田たち。猿島の男友達、椿が怪しいとにらんだ山田たちは、椿を旧校舎から遠ざけようと、白石とのデートに連れ出す。白石と体を入れ替え、椿とのデートに出かけた山田の使命は、「告白されないようにしつつ、火事の時間まで楽しくデートすること」。悲惨な未来を防げるかは、山田のオンナ力(!?)に託された……!!

第06巻(発売日2013/04/17)

滝川ノアの魔女としての能力を探るため動く山田たちだったが、はぐらかされてラチが明かない! それどころか、逆に部室を荒らされ、魔女のノートを奪われてしまう。滝川の能力とは? そして滝川たちが事件を起こす真の目的とは!?

第07巻(発売日2013/06/17)

キスして発動する能力を持つ男は山田だけじゃなかった! 山田の前に現れた玉木は『魔女殺し』の力を持つうえ、次期会長の座を狙う超キケンな男。しかも玉木が会長になったら、山田の一番大事なものが奪われる! 山田は宮村を会長にするべく全力で動きだす!

第08巻(発売日2013/08/16)

7人目の魔女の名前を知ってしまったら、仲間との思い出も消されてしまう! 恐ろしいリスクを負っても、未来を変えるために7人目の魔女の名前を聞いた山田だったが、実際に起こったのは予想だにしない出来事だった!

第09巻(発売日2013/09/17)

唐突に告白してしまった山田。それに対するうららの返事は驚くべきものだった!? うららの返事を聞いた山田は、彼女の記憶を戻すことを決意!! でも、記憶を戻す方法がサッパリわかんねえ!! 山田は、ひとまず小田切の能力を狙う……が!

第10巻(発売日2013/12/17)

消された記憶を戻す方法は…“キス”! うららの記憶を早く戻したいけど、山田の前にはいつも事件が巻き起こる! “儀式”の日まであとわずか。7人の魔女を集めるために今日も山田がキス! キス! キス! だが、生徒会長の山崎もそんな動きを見逃すはずなく、山田vs.山崎の魔女争奪戦が激化!!

第11巻(発売日2014/03/17)

うららやみんなの記憶を取り戻すため、“魔女の儀式”を開こうとする山田(やまだ)たち。最難関の飛鳥(あすか)の捕獲にも成功し、ついに7人の魔女が山田の下に集う。そこで山田が願った意外なこととは…? 儀式のあと山田とうららの関係が急展開する!

第12巻(発売日2014/05/16)

うららへの告白、大成功!! しかも新生徒会秘書に就任!! 充実しまくりの山田の前に新たな7人の魔女が現れた! 魔女たちの能力が暴走しはじめる前に全員を探しだすのが新生徒会の初仕事!! 見つけた1人目の魔女はヤベぇ能力の持ち主…!?

第13巻(発売日2014/07/17)

新たな魔女探しをはじめた山田(やまだ)の前に、突如あらわれた謎のパンクコンビ・ナンシー&シド!! 山田のコピー能力について探っていた様子のナンシーは、質問に答えなければ「アンタの記憶を消す」と脅迫する。こいつはもしかして……!!? さらに、新たな魔女・萌黄(もえぎ)ことりの存在が確認される! その能力は彼女のクラス全員に及んでいるというが、その能力の正体とは!? 魅惑的な能力に、山田がついに敗北……!?

第14巻(発売日2014/09/17)

朱雀高校には、まだたくさんの魔女がいる!? 衝撃的な事実が明らかになったものの、生徒会はひとまず本来の業務に戻ることに。そして訪れた年の瀬の冬合宿、ついに小田切(おだぎり)が秘めたる想いを吐露する!! 「私も山田(やまだ)のことが好きなの…!!!」

第15巻(発売日2014/12/17)

これまで女ばかりだった魔女の能力が、男である黒崎(くろさき)に発現!? 戸惑う山田(やまだ)たちの目の前に、新たな“7人目の魔女”詫摩類(たくま・るい)が現れる!! 不敵な笑みをたたえる詫摩の目的は……!?

第16巻(発売日2015/03/17)

蔓延しはじめた“謎の魔女の能力”解明のため、山田(やまだ)、小田切(おだぎり)、黒崎(くろさき)の3人は、クラブハウスの資料室で調査を開始! 歴代の生徒会長秘書たちが書いた日誌には、衝撃の事実が記されていた……!

第17巻(発売日2015/05/15)

新たな魔女の勢力、一条政宗(いちじょう・まさむね)の「煽動の能力」によって、山田(やまだ)たち生徒会のリコールが成立。解散選挙を行うことになってしまう! 反抗の策を模索する中、山田は意外な決意を固めていた……。『俺……この選挙が終わったら……生徒会をやめるよ……!』

第18巻(発売日2015/07/17)

まだまだ謎の多い新たな魔女・三浦悠理(みうら・ゆうり)の素性を探るため、彼が“特別扱いする女”姫川(ひめかわ)そらと接触を図る山田! だけど、山田は初対面のはずの姫川に、妙な親近感を覚えて……。事態は思いもよらない方向に転がり始める──!!

第19巻(発売日2015/09/17)

将棋部の思惑を探るため、山田(やまだ)が接触した姫川(ひめかわ)そら。なんと2人は、以前に一度出会っていた……!? ナンシーに消された姫川との記憶を取り戻すため、山田が再び“魔女の儀式”に臨む──!!

第20巻(発売日2015/11/17)

魔女の儀式によって、失われた記憶の一部を取り戻した山田(やまだ)。しかし、その協力の代償として五十嵐潮(いがらし・うしお)が要求したのは、意外すぎる“あの魔女の能力”だった…! そして、生徒会長選挙も投票日を目前に控え、沈黙を守っていた「7人目の魔女」詫摩類がついに動き出す!!

第21巻(発売日2016/01/15)

玉木(たまき)を会長に据え、新体制となった生徒会! しかし、さっそく魔女たちに暴走の兆候が……。一方、みんなに忘れられてしまった山田(やまだ)は、うららに記憶が消えたことを信じてもらうため四苦八苦!?  同時多発的トラブルに、どーする山田……!?

第22巻(発売日2016/03/17)

元生徒会長・山崎が、卒業式にレオナに愛の告白!? ところが元7人目の魔女・リカは、山崎に告白する気満々! 元副会長の飛鳥もなんと……!? 山崎とリカから相談を受け、飛鳥の本音も知ってしまった山田は、板挟みで右往左往!! それを知ったレオナには、何か秘策があるようで……!?

第23巻(発売日2016/05/17)

超常現象部に仮入部した、魔女の疑いがある新入生・鈴原蛍(すずはら・ほたる)。その正体は、ワケあって入れ替わった双子の弟・光(ひかる)だった!! 光は蛍のためにトラブルを避け“いい子”を演じていたが、イジメっ子に目をつけられ厄介なことになっていた! 光を救い、彼の能力を知るために山田(やまだ)がとった策は……!?

第24巻(発売日2016/07/15)

青い空! 白い雲!! 目の前に広がる常夏のビーチ!!! 修学旅行でぇ~…山田がグアムに来た───ッ!!! 海での楽しいひと時を過ごす山田たちだったが、委員長の衝撃発言によって新たな疑惑が持ち上がる!! この学園でただひとり、委員長のみが知る真実とは!?

第25巻(発売日2016/10/17)

1年生の終わり頃、記憶の失われた空白の期間、山田には付き合っている女の子がいた……!? 過去に山田と親交があった(らしい)火野さん宅には、意外な事実を示唆するスナップ写真が残されていた! 知ってはいけない過去かもしれない……しかし、山田は決意する!! 「やっぱり俺……本当のことが知りたい……!!!」

第26巻(発売日2016/12/16)

失われた記憶を取り戻す覚悟を固めた山田。ところが“7人目の魔女”である詫摩にも、所在が分からない魔女があと1人いるという……。ようやく見つけ出した、意外すぎる最後の魔女は……!? 失くした記憶のカギを握る、山田の知り合い!!

第27巻(発売日2017/02/17)

いろいろあって大学受験を決意した山田は、戸惑いながらも“受験対策合宿”に参加。大学に行く理由は? 志望校はどうする!? 人生の岐路で心揺れる山田に対し、うららの言葉が優しく背中を押す……!

第28巻(発売日2017/04/17)

殿大合格を目指し、順調に成績を伸ばす山田! すべてが順調に進んでいるように見えた矢先、学園中の生徒から、白石うららの記憶が忽然と消えた。姿を消した彼女だけが背負う、過酷な宿命とは……? そして、山田竜と白石うらら、2人の恋の結末は──。

この他の吉河美希の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる