MENU

浅田弘幸 - テガミバチ関連作品

URLをコピーする
URLをコピーしました!
浅田弘幸 - テガミバチ関連作品
©浅田弘幸 / 集英社

『テガミバチ』は、浅田弘幸による日本の少年漫画作品。仮想世界の郵便配達者の物語。前作の『I'll』とは違い、いわゆるハイ・ファンタジーおよびスチームパンクを描いている。浅田本人は「とにかくこだわらない!!とは言っても手抜きでやってしまうのではなく、漫画の持っているパワーを損なわないモノを描きたい」とコメントしている。話数カウントは「第○話」。

集英社発行の漫画誌『月刊少年ジャンプ』(2006年10月号)にて連載を開始するが、その後同誌が休刊。それに伴い、『週刊少年ジャンプ』(2007年46号)での掲載を経て、『ジャンプスクエア』にて再開し、2007年12月号(創刊号)から2015年12月号まで連載された。2011年3月までで、コミックス累計売上は400万部を突破している。2009年10月から2010年3月までテレビ東京系列でテレビアニメ第1期が放送された。また、2010年10月から2011年3月まで第2期が放送された。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「テガミバチ」最終更新 2020年3月6日 (金) 21:05

小説

テガミバチ LETTER BEE〜光と青の幻想夜話〜(発売日2008/12/15)

浅田弘幸 - テガミバチ関連作品

2008年アニメツアー公開の特別編アニメが小説化!
テガミを届ける国家公務員「テガミバチ」のラグ。相棒のニッチとともに、今日もテガミに託された人々の「こころ」を届け続ける。テガミバチと相棒の絆を描いた感動の物語が小説で登場!

テガミバチ テガミとテガミバチ(発売日2012/10/05)

浅田弘幸 - テガミバチ関連作品

夜が明けることのないアンバーグラウンドという名の地。この暗く危険な地域に、テガミを届ける仕事があった。命をかけて、テガミにたくされた「こころ」を運ぶ彼らのことを、人々はテガミバチと呼んだーすご腕テガミバチのゴーシュによって、テガミとして配達されることになった少年ラグ。宛先までの、長くて困難なふたりの旅が、いま、始まろうとしている…。

ガイドブック

テガミバチ・ハンドブック(発売日2009/10/02)

浅田弘幸 - テガミバチ関連作品

『テガミバチ』ファン必携! 新人BEEに贈るハンドブック登場!!
テガミバチ採用試験結果発表 最優秀作品を浅田先生がイラスト化! ・キャラ&ストーリー徹底ガイド! ・浅田弘幸インタビュー&秘蔵ラフ紹介 ・著名作家陣による寄稿イラスト 小畑健・田島昭宇・山本ヤマト・星野桂・雷句誠 etc…人気作家による『テガミバチ』ワールド!!
永久保存版! 超美麗カラーイラスト16ページ収録! テガミバチ・ハンドブック限定! 特製オリジナルステッカー付。

イラスト

テガミバチイラスト集 Shine(発売日2011/03/04)

浅田弘幸 - テガミバチ関連作品

輝きに満ちた、浅田弘幸の「こころ」の画集!
浅田弘幸、初のテガミバチイラスト集! カバーは完全描き下ろし! 雑誌表紙からアニメDVD用の描き下ろしイラストまで完全網羅! さらに、貴重なラフ絵も掲載。ファン必携のイラスト集です!

マンガ

PEZ(発売日2014/05/30)

『テガミバチ』(ジャンプSQ.)の原型となった幻のフルカラーコミックが待望の電子化! 2018年春に英語版『PEZ』ペーパーバックバージョンの発売が決定! その表紙を河村康輔氏が新たにコラージュしました。作り下ろした最新の作品を今回のデジタル化で先行して初出掲載する特装版です!! 崩壊後の世界を舞台に描かれる少女ペッツと少年デコ助の「誰か」たちとの出逢いと記憶の旅物語。下絵線画・ラフ画を収録した冊子も付いた、浅田弘幸の魅力を十分に堪能できるように、高画質で収録。紙とは異なる奥行きを醸し出すデジタル版『PEZ』をご堪能ください。

この他の浅田弘幸の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる