MENU

大久保篤 - 炎炎ノ消防隊関連作品

URLをコピーする
URLをコピーしました!
大久保篤 - 炎炎ノ消防隊関連作品
©大久保篤 / 講談社

『炎炎ノ消防隊』(えんえんのしょうぼうたい、Fire Force)は、大久保篤による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2015年9月23日発売の43号から連載中。

人体自然発火現象によって全身が炎に包まれ変異し暴れ出すようになった「焔ビト」と呼ばれる怪物や、それによって引き起こされる脅威と戦う特殊消防隊の活躍を描いた消防士SF漫画作品。サスペンスやバトルアクションの要素を取り入れたサイエンス・ファンタジー作品でもある。

太陽暦佰九拾八年、東京皇国。この世界は、とある大災害を境に始まった人体発火現象「焔(ほむら)ビト」による脅威に苛まれていた。突然、自身の体から発火した者は瞬く間に全身が炎に包まれ、自我を失い命が尽きるまで周囲を焼きつくすのである。この脅威に対応して、一般市民を炎の恐怖から守り、人体発火現象の原因と解決策を究明するために「特殊消防隊」が組織された。

幼い頃からヒーローに憧れを抱く少年・シンラは、12年前に突然の火事によって母親と生まれたばかりの弟を亡くしてしまう。足から炎を出す事ができる「第三世代」の能力者であったシンラは、自らの体から発した炎が火事を引き起こした出火原因だとされ周囲から迫害を受ける。しかし、シンラは母親と弟と自分以外の第三者が室内にいたことを目撃しており、その人物が犯人ではないかと考えていた。

訓練校を卒業し「第8特殊消防隊」に配属されたシンラは、母親と弟のような被害者を増やさないため、また母親と弟を殺した犯人を捕まえ自らに被せられた濡れ衣を晴らすために、仲間たちと共に訓練と消防活動に励みながら、暗躍する謎の男「ジョーカー」や焔ビトの秘密を握る組織「伝導者一派」、時に他の消防隊との戦いを繰り広げていく。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「炎炎ノ消防隊」最終更新 2020年7月17日 (金) 17:59
目次

小説

炎炎ノ消防隊 悪魔的ヒーロー登場(発売日2020/03/11)

全人類は怯えていた──。何のへんてつもない人が突然燃えだし、炎の怪物“焔ビト”と化する“人体発火現象”。残された人類の唯一の希望は、最新装備を身につける特殊消防隊!
とある理由から“アクマ”とよばれるようになった少年シンラは、“ヒーロー”を目指して消防隊に入隊。炎の力を操り、炎の怪物に立ち向かう、熱血バトル・ファンタジー!
<小学中級から すべての漢字にふりがなつき ノベライズ>

炎炎ノ消防隊 謎の白装束(発売日2020/06/10)

炎の怪物“焔ビト”の謎を解くため、全人類を救うため、第8特殊消防隊に入隊した17歳の少年、森羅 日下部。しかし、任務の途中で、森羅たちの前に立ちはだかったのは、プリンセス 火華率いる、第5特殊消防隊だった。
“焔ビト”の情報を独占しようとする第5に、真向から勝負に挑む第8。そして、さらなる危険が忍び寄る―。
読みだしたら止まらなくなる、大人気漫画のノベライズ、第二弾!
<小学中級から すべての漢字にふりがなつき ノベライズ>

この他の大久保篤の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる