MENU

LINK×SAVAN - 終末のハーレム ファンタジア

URLをコピーする
URLをコピーしました!
LINK×SAVAN - 終末のハーレム ファンタジア
©LINK・SAVAN / 集英社

『終末のハーレム ファンタジア』(しゅうまつのハーレム ファンタジア / world's end harem FANTASIA)は、LINK(原作) / SAVAN(作画)による日本の漫画作品。集英社の月刊漫画雑誌『ウルトラジャンプ』(以降、『UJ』と表記)では2018年6月号から毎号、ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(以降、『J+』と表記)では新連載40連弾の第3弾の1作として同年5月20日から隔週日曜日、『週刊ヤングジャンプ』の無料電子書籍アプリ『ヤンジャン!』では2018年6月19日から月イチ更新でそれぞれ連載中。

『J+』で連載中の漫画『終末のハーレム』(LINK〈原作〉 / 宵野コタロー〈作画〉、以降は『無印』と表記)から世界観を一新したシリーズ作品であり、終末の近い異世界にて闇の力を得たことから変わっていく主人公と、彼を取り巻くさまざまな美女たちの日々を描く。

第一報は2018年3月5日に集英社にて開催された新作発表会「週刊少年ジャンプ50周年〜その先へ〜」で発表され、その時点では『無印』のスピンオフ作品と説明されていたが、連載開始前の『UJ』2018年5月号や『J+』同年4月19日公開分に掲載されたプロローグでは、実際の内容が終末的要素こそ含むものの『無印』とは無関係であるうえ、剣と魔法の異世界を舞台としたダークファンタジー作品であることが明かされた。

『無印』における宵野と同じく、成人向け漫画作品を中心として知られるSAVANの一般誌連載作品であるうえ、女性の裸体や乳首については『無印』と同様に描き込まれており(女性器は除く)、『J+』での時間帯や媒体による修正の変化、公式サイト版の別公開についてもほぼ同様となっている。また、『無印』を紹介する際やその作中世界にて用いられている「メイティング」の呼称については、本作の作中世界では(子作りが作品の構成要素に含まれていないことからも)用いられていないが、集英社をはじめ各社の販売サイトが単行本の電子書籍版を紹介する際には用いられている。電子書籍版と書籍版が同時発売され『無印』と同じく電子書籍版は「セミカラー版」と題された特別編集版であり、連載時にモノクロだった過激な性的シーンが、集英社によってフルカラーでデジタル着色されている。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「終末のハーレム ファンタジア」最終更新 2020年4月19日 (日) 12:45
目次

第01巻(発売日2018/11/02)

聖暦998年。そこはまもなく終末を迎える闇に蝕まれた世界。辺境の小国ナーガラの次期当主・アルクは従姉のアウレリアと両想いだったが、皇太子との政略結婚のため引き離されてしまった。彼女を取り戻そうと強力な力を欲するアルクの前に現れた謎のダークエルフ・ラティ。ラティからある約束と引き換えに“この世を統べることができる力”を授けると告げられたアルクは――。エロティック&ダークファンタジー開幕!! ※デジタル版限定!巻末に描き下ろし特典イラスト付き!

第02巻(発売日2019/03/04)

ラティから授かったマハトの効力を試そうとするアルクは戦闘経験のないウェンヌに自らの血を与え、騎士セリーヌとの剣の勝負を仕掛けることに。そんな中、ナーガラ領を治める父が病に倒れ、領主の座を狙う叔父と対立するアルク。着々と挙兵の準備を進める叔父に対し、後ろ盾もなく劣勢に立たされたアルクは、危機的状況を覆しナーガラを守れるのか――。黒き竜の力を携えた少年は、大いなる試練に立ち向かう!!

第03巻(発売日2019/08/02)

アルクのもとを離れ、一人で修業の旅に出たセリーヌは冒険者ギルドで謎の魔法少女と出会う。そしてダンジョン探索に誘われるが…!? 一方、マハトを暴走させてしまったことを悔いるアルクは制御法を授かろうとラティを訪ねていた。そんな折、父の病の原因が北の地にあると判明し、ゴーチェ大公国へ向かうことになったアルク。だがその旅路には思わぬ困難が待ち受けており――。父を救いたいと願う少年の冒険の旅が始まる!!

第04巻(発売日2020/01/04)

病に倒れた父を救うため、ゴーチェ大公国を目指すアルクとウェンヌは、道すがら立ち寄った集落でオークの群れと交戦する。そして2人は北の地で次々と起こる異変の驚くべき真相を目の当たりにする――!! 一方、秘伝の書物を手に入れるべく、ダンジョンを進むセリーヌとジョアンナは最深部にて魔獣コカトリスと対峙する!! 新たなる試練がアルク達の前に立ち塞がる! 剣×魔法×ハーレム! ダークファンタジー第4巻!!

この他のLINKの作品

この他のSAVANの作品

記事が見つかりませんでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる