MENU

マツキタツヤ×宇佐崎しろ - アクタージュ act-age

URLをコピーする
URLをコピーしました!
マツキタツヤ×宇佐崎しろ - アクタージュ act-age
©マツキタツヤ・宇佐崎しろ / 集英社

『アクタージュ act-age』は、原作:マツキタツヤ、漫画:宇佐崎しろによる日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、2018年8号より連載中。天才的な演技の才能を秘めた主人公・夜凪景が女優として成長する姿を描く。

マツキと宇佐崎にとって初連載作品である。なお、宇佐崎が漫画を描いたのはこれで2作目。前身はマツキと宇佐崎による読切『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』。同作は『週刊少年ジャンプ』2017年9号に掲載された。その後、マツキと宇佐崎は別作品で連載獲得を目指すが、なかなか企画が通らなかった。そこで原点に戻る形でデビュー作『阿佐ヶ谷』の数年後を舞台にした『アクタージュ act-age』の1話を提出したところ、連載が決定した。

当初は主人公・夜凪景の芝居の特殊性を強調するため、迫真の演技しかできないという欠点を読者に隠しながら話を作っていた。「デスアイランド編」を通して作品の流れが安定し、原作担当のマツキも『アクタージュ act-age』は「夜凪景が人間性を獲得してゆく話」であると気付いたという。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「アクタージュ act-age」最終更新 2020年4月4日 (土) 03:44

第01巻(発売日2018/05/02)

女優を目指す女子高生・夜凪は有名芸能事務所スターズのオーディションで天才的な芝居をするも不合格。それは彼女の危険な演技法に理由があった。しかし、夜凪の才能に魅せられた映画監督・黒山が役者の世界に誘う!!

第02巻(発売日2018/07/04)

千世子に会うため映画「デスアイランド」のオーディションに挑む夜凪は、武光達と一緒に即興演技の審査を受けることになる。“無人島で殺し合いを始める”という不可解な題目の中で、夜凪が放った台詞に現場は騒然とする――!

第03巻(発売日2018/08/03)

ついに始まる夜凪と千世子の共演――。千世子の役・カレンを創造できない夜凪は友人達との体験を基にして芝居に臨む。しかし、根本的な解決にならないと痛感した夜凪は、千世子と真っ向からぶつかることを決め――!?

第04巻(発売日2018/11/02)

演劇界の巨匠・巌裕次郎の下で、舞台の主演を務めることになった夜凪。“表現力”に乏しい夜凪の欠点を克服すべく、巌はある課題を与える。課題のクリアに苦戦する夜凪だが、そこへ思わぬ報道が飛び込んできて…?

第05巻(発売日2019/02/04)

巌から自身の余命を告げられた日を境に夜凪は芝居に没入できなくなってしまう。様子を見かねた黒山の助言のおかげで巌が託した想いの意図を知り、劇団の仲間のために自分がすべきことを見つけ出す夜凪だった。しかし、舞台公演を前に巌の容態が急変して――。

第06巻(発売日2019/05/02)

舞台特有の圧に呑まれ、思うような演技ができないまま出番を終えようとしたアキラは夜凪の突飛なアドリブに言葉を詰まらせてしまう。決められた台詞がない状況下で“正しい答え”を求め、戸惑う中夜凪はカムパネルラの役を通して、アキラの心に問いかける――。

第07巻(発売日2019/07/04)

舞台初日公演から数日後、巌の告別式に参列していた夜凪は芸能プロデューサーを名乗る男・天知心一に声をかけられる。不敵な笑みを浮かべながら良い話を持ってきたと言う彼は翌週発売の週刊誌に掲載されるとある記事を夜凪に渡し――。

第08巻(発売日2019/09/04)

新宿駅を舞台に黒山が撮影したMVの出演がきっかけで夜凪の知名度は世界的に広がることになる! 一方、天知の暗躍により、ずっと抑えていた感情を浮き彫りにさせられた千世子と阿良也。彼らを巻き込み、天知は新たな舞台を企てる――。

第09巻(発売日2019/12/04)

舞台「羅刹女」の演出家・山野上花子との出会いによって想像力を広げる芝居に目覚めた夜凪。まるで神になったような感覚を自らに暗示させ、芝居の中では自分の空想の世界が絶対であるという山野上の教えを基に 夜凪は「羅刹女」の世界へ没入していく――。新たな表現力を身につけた夜凪は降板しようとする王賀美の説得に急ぐ!

第10巻(発売日2020/02/04)

「羅刹女」の公演まで残り数日。稽古は佳境に入り、出演者はそれぞれの思惑を胸に抱いて、迫り来る本番に思いを巡らせる。そんな中、サイド甲の演出家・山野上は夜凪が羅刹女を演じる上で、真に力を発揮させるためのある仕掛けを用意していると王賀美たちに告げる――。

第11巻(発売日2020/05/13)

サイド甲の舞台「羅刹女」は、王賀美の助演としての機転により、夜凪が演じる怒りに荒れ狂う羅刹女を、観客の共感対象に仕立てることに成功し、第一幕を終える。しかし、夜凪の怒りは収まることなく、激しい憎悪に飲まれそうになりながらもギリギリのところで踏み止まる。限界がいつ訪れてもおかしくない中、舞台は第二幕の開演へ――。

第12巻(発売日2020/07/03)

波乱のラストシーンで幕を閉じたサイド甲の舞台「羅刹女」1日目。夜凪の才気走った圧倒的な演技を目の当たりにした千世子は、自分の虚像の芝居では敵わないことを痛感させられ自信を喪失する。翌日にはサイド乙の公演を控える中、黒山が稽古と称して彼女を連れ出した場所は――。

この他のマツキタツヤの作品

記事が見つかりませんでした。

この他の宇佐崎しろの作品

記事が見つかりませんでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる