MENU
Happy New Year 2021!!

ONE×村田雄介 - ワンパンマン関連作品

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ONE×村田雄介 - ワンパンマン関連作品
©ONE・村田雄介 / 集英社

『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009年7月3日からウェブサイト上で連載され、2012年9月2日放送のNHK『ネット発 マンガ革命』によれば、1日2万回閲覧され累計1000万人以上が閲覧したという。
2011年6月24日までウェブコミック投稿サイト「新都社」に登録されていた。現在も作品ページ(ONEのホームページ)は存続しており更新継続中である。本作は当初、ONEがパソコン用の漫画原稿制作ソフトComicStudioの練習のために執筆したものであった。しかし、読者からの反応が予想より大きかったことを受け、最終話までのプロットを作り、現在はそれに従い制作しているという。2017年1月から更新が止まっていたが2017年9月に作者のONEが原作(ONE版)の更新休止をホームページ上にて正式に発表、その後2019年4月8日に更新を再開した。

リメイク版(作画:村田雄介)が『となりのヤングジャンプ』(集英社)において2012年6月14日から連載されている(6撃目 - 14撃目のみ閲覧不可。ただし原作の6撃目 - 14撃目と同じ内容であるため、FC2の作者ホームページで見ることができる。)。リメイク版で併記されている英語タイトルは「One Punch-Man」。あらゆる敵をパンチ1発(ワンパン)で倒してしまう、最強ヒーローサイタマが主人公のギャグ系アクション漫画。話数カウントは「○撃目」。
ONEが漫画家として活動しようとそれまで1年間務めた仕事を辞めて1週間ぐらいたったころ、『ワンパンマン』の読者であった村田雄介がTwitterでONEにコンタクトを取り、共に漫画を制作することを持ちかけた。二人では読み切り作品「怒涛の勇者達」という読み切りを制作するなど新作の制作に向けて動き、ONEは、当時生活の見通しがあまり立っていなかったこともあり、集英社とは異なる出版社から『ワンパンマン』を書籍化するために描き直す作業を行っていた。そんな中で村田が試しに『ワンパンマン』の一話を描いてONEに見せたことがきっかけで作画を担当することになった。それが新たなウェブ漫画サイトの設立を企画していた『ヤングジャンプ』編集長の目に止まり、『となりのヤングジャンプ』設立の看板作品として連載が決定した。

2015年3月12日発売の『週刊ヤングジャンプ』15号にて、テレビアニメ化が発表された。2016年3月には、第2回SUGOI JAPAN Awardでマンガ部門1位を獲得した。

物語開始から三年前、就職活動に行き詰る青年サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。
しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「ワンパンマン」最終更新 2020年4月15日 (水) 02:33
巻数情報

ガイドブック

ワンパンマンヒーロー大全(発売日2015/10/03)

『ワンパンマン』初の公式ファンブック登場!!
ONE先生×村田雄介先生が語るS級対談収録!!
SPステッカーやカバー下など村田先生描きおろしも充実!!
ONE先生監修のヒーロー&怪人データファイルなど情報も超満載!!
読切マンガ番外編[キャッチ&スマッシュ]収録!!

この他のONEの作品

この他の村田雄介の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

巻数情報
閉じる