MENU

ONE×村田雄介 - ワンパンマン

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ONE×村田雄介 - ワンパンマン
©ONE・村田雄介 / 集英社

『ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009年7月3日からウェブサイト上で連載され、2012年9月2日放送のNHK『ネット発 マンガ革命』によれば、1日2万回閲覧され累計1000万人以上が閲覧したという。
2011年6月24日までウェブコミック投稿サイト「新都社」に登録されていた。現在も作品ページ(ONEのホームページ)は存続しており更新継続中である。本作は当初、ONEがパソコン用の漫画原稿制作ソフトComicStudioの練習のために執筆したものであった。しかし、読者からの反応が予想より大きかったことを受け、最終話までのプロットを作り、現在はそれに従い制作しているという。2017年1月から更新が止まっていたが2017年9月に作者のONEが原作(ONE版)の更新休止をホームページ上にて正式に発表、その後2019年4月8日に更新を再開した。

リメイク版(作画:村田雄介)が『となりのヤングジャンプ』(集英社)において2012年6月14日から連載されている(6撃目 - 14撃目のみ閲覧不可。ただし原作の6撃目 - 14撃目と同じ内容であるため、FC2の作者ホームページで見ることができる。)。リメイク版で併記されている英語タイトルは「One Punch-Man」。あらゆる敵をパンチ1発(ワンパン)で倒してしまう、最強ヒーローサイタマが主人公のギャグ系アクション漫画。話数カウントは「○撃目」。
ONEが漫画家として活動しようとそれまで1年間務めた仕事を辞めて1週間ぐらいたったころ、『ワンパンマン』の読者であった村田雄介がTwitterでONEにコンタクトを取り、共に漫画を制作することを持ちかけた。二人では読み切り作品「怒涛の勇者達」という読み切りを制作するなど新作の制作に向けて動き、ONEは、当時生活の見通しがあまり立っていなかったこともあり、集英社とは異なる出版社から『ワンパンマン』を書籍化するために描き直す作業を行っていた。そんな中で村田が試しに『ワンパンマン』の一話を描いてONEに見せたことがきっかけで作画を担当することになった。それが新たなウェブ漫画サイトの設立を企画していた『ヤングジャンプ』編集長の目に止まり、『となりのヤングジャンプ』設立の看板作品として連載が決定した。

2015年3月12日発売の『週刊ヤングジャンプ』15号にて、テレビアニメ化が発表された。2016年3月には、第2回SUGOI JAPAN Awardでマンガ部門1位を獲得した。

物語開始から三年前、就職活動に行き詰る青年サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。
しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「ワンパンマン」最終更新 2020年4月15日 (水) 02:33
目次

第01巻(発売日2012/12/04)

一撃必殺! 強くなりすぎて、どんな凶悪な怪人もワンパンチで倒してしまうヒーロー“サイタマ”。平熱系最強ヒーローの伝説開幕!! WEB界のカリスマと超絶絵師タッグが贈る、日常ノックアウトコミック!!

第02巻(発売日2012/12/04)

明かされる最強の秘密! 刺客を放ってきた進化の家へと攻め込むサイタマとジェノス。そこで待ち受けていたのは、人工進化型の最終兵器・阿修羅カブト。ジェノスさえも瞬殺した強敵にサイタマ、ついに本気を!?

第03巻(発売日2013/04/04)

ヒーロー活動本格始動! ジェノスと共にヒーロー認定試験を受けたサイタマ。体力試験で驚異の成績を叩き出すが、判定はなぜかC級ランク!? 新人ヒーローとしての日常が始まる中、いきなりのピンチが…!?

第04巻(発売日2013/08/02)

ヒーローランクも上がり、一安心のサイタマ。しかし、間髪容れず超巨大隕石が襲来! 隕石破壊の為に迎え撃つジェノスだが、エネルギーを使い切ってしまう。絶体絶命の中、サイタマは、拳一つで隕石に挑むが…!?

第05巻(発売日2013/12/04)

何度だって立ち向かう! 鬼レベルの災害を止めるべく現場へと急ぐサイタマ達! 海人族の長・深海王の侵攻はS級ヒーローをも打ち砕く。人々を守るため、かつてない強敵を前に勇気を振り絞るヒーロー達は!?

第06巻(発売日2014/05/02)

突如かけられた非常招集によって、本部に集合したS級ヒーロー達&ついてきたサイタマ。彼らは大預言者シババワが遺した予言を知らされる。その内容とは…『地球がヤバい!!!』!? いったい何が起こるのか!!?

第07巻(発売日2014/12/04)

宇宙人による地球侵略に、S級ヒーロー達は反撃の糸口をつかみ攻勢に立つ。一方、敵母船内でボロスと対するサイタマも、ボロスの凄まじいパワーについに本気モードを繰り出す!! 未曾有の敵との戦いに地球の運命は!?

第08巻(発売日2015/04/03)

地上最強の男と呼ばれるS級ヒーロー・キング。彼の前では怪人でさえ恐れおののく。そのキングに謎の組織が刺客を差し向ける…。キング最大のピンチにジェノスとサイタマは!? キングの衝撃の事実が判明!!

第09巻(発売日2015/08/04)

怪人に憧れる人間・ガロウがヒーロー協会に殴り込んだ! 居合わせたヒーロー達を粉砕し去っていくがその目的とは!? 一方、B級1位のフブキがサイタマの自宅を訪れる。下位のサイタマを配下に取り込もうと画策するが…。

第10巻(発売日2015/12/04)

人間怪人ガロウの“ヒーロー狩り”が加速。被害が拡大し業界が動揺を見せる中、サイタマは武術に興味を示し、格闘技大会に潜入する! 一方、幹部親子の護衛の任に就くS級・金属バットの前に、ムカデ怪人が出現し!?

第11巻(発売日2016/06/03)

災害レベル“竜”のムカデ長老が出現!! 金属バットが応戦するも、その巨大さに大苦戦。吹っ飛ばされた先には“ヒーロー狩り”のガロウが現れ、また新たな戦いが勃発する!! 一方、格闘技大会に出場したサイタマは…!?

第12巻(発売日2016/12/02)

格闘技大会は猛者達の華麗な戦いが続き、なかでも冥躰拳のスイリューが際立った強さを見せる。一方、会場外では多数の怪人がヒーローを蹂躙、ジェノスも苦戦!? そしてサイタマはバクザンとの対戦を迎える!!

第13巻(発売日2017/04/04)

巨大なタコ怪獣・百々目蛸に、全く歯が立たないA級ヒーローたち。そこにS級の閃光のフラッシュが参戦!? 各地で急激に勢いを増す怪人協会の目的とは? 一方、格闘技大会はついに決勝戦を迎える!!

第14巻(発売日2017/08/04)

格闘技会場に現れた怪人・ゴウケツは出場選手に怪人細胞を与え、選手の怪人化を図る。次々と怪人と化す選手達に、大会優勝者のスイリューが立ち向かうが…。スイリューの窮地にとあるヒーローが駆け付け!?

第15巻(発売日2017/12/04)

怪人協会の侵攻や格闘技大会を経ても、サイタマはその強さ故に、虚しさを感じていた。そんなサイタマにキングが、ヒーローとしての生きる道を説くが…。同じ頃、音速のソニックのもとに怪人協会の手の者が迫り!?

第16巻(発売日2018/04/04)

ヒーロー達に囲まれ窮地のガロウ。しかしその力量は本物か、多対一にも拘わらず一人ずつヒーローを倒していく。そこにジェノスが駆けつけ!? その頃、サイタマはキングとのある勝負でイライラの極致に…。

第17巻(発売日2018/08/03)

バング兄弟の圧倒的な実力に、まったく歯が立たないガロウ。怪人協会は瀕死のガロウを奪うべく、ムカデ長老をも繰り出した。災害レベル“竜”のムカデ長老にバング兄弟も大苦戦。ジェノスも果敢に挑むが…。

第18巻(発売日2018/12/04)

怪人協会を出奔したガロウと、ファミレスでこれまでにない窮地を迎えたサイタマが遭遇。ガロウをヒーロー狩りだと知らないサイタマは!? その後、ガロウの前に、殺人衝動を抑えきれないキリサキングが現れ…。

第19巻(発売日2019/04/04)

ガロウを慕う少年・タレオを怪人協会が拉致。その頃、サイタマの部屋では、ジェノスらが騒がしく鍋を囲み…。ガロウは単身、怪人協会に乗り込むが? 一方、ヒーロー協会では、ワガンマ救出作戦が進行し!?

第20巻(発売日2019/07/04)

怪人協会との決戦直前、S級ヒーローは作戦会議を開くが足並みは揃わない。アマイマスクの乱入で事態はさらに混沌と…。その時キングが登場、ヒーローの士気は上がるが…!? そして決戦の火ぶたが切られ!!

第21巻(発売日2019/12/04)

怪人協会vsヒーロー達の決戦が開幕! A級以下のヒーローが苦戦する中、S級の面々は怪人達を一撃のもとに倒し、地底へ潜入を開始。その中でも閃光のフラッシュは怪人と化した忍者と華麗なバトルを魅せる!!

この他のONEの作品

この他の村田雄介の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる