MENU

田畠裕基 - ブラッククローバー

URLをコピーする
URLをコピーしました!
田畠裕基 - ブラッククローバー
©田畠裕基 / 集英社

『ブラッククローバー』(Black Clover)は、田畠裕基による日本の漫画作品。『少年ジャンプNEXT!!』(集英社)2014年Vol.2で読み切りとして掲載された後、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2015年12号から連載中。話数単位は「ページ○」。略称は「ブラクロ」。

かつて世界が魔神とよばれる存在によって滅ぼされようとした時、1人の魔導士が現れて魔神を打倒し、世界を救った。後にその魔導士は伝説となり、魔法帝と呼ばれた。
それから時は過ぎ、クローバー王国は代々の魔法帝とその下に存在する9つの魔導士集団「魔法騎士団」によって、平和を謳歌していた。そこに住む下民で孤児の少年・アスタは、同じ孤児である少年・ユノと共に、魔法帝を目指して日夜鍛錬を続けていたが、魔法の才能溢れるユノとは正反対に、アスタは全く魔法を使えずにいた。
やがて15歳になり、魔導書(グリモワール)が授与される日、ユノをはじめとする周囲の者達へ魔導書が与えられるが、アスタだけには与えられなかった。その後、ユノの魔導書を狙う盗賊によって、アスタは自分が生まれながらに魔力を一切持たない人間であることを知る。アスタは絶望して夢を諦めかけるが、ユノの言葉に闘志を再び滾らせ、魔法を無効化する力を宿した「五つ葉の魔導書」を手に入れ、盗賊を撃退する。
改めて魔法帝を目指すことを決意したアスタは、半年後、最低最悪の魔法騎士団と言われる「黒の暴牛」に、ユノは最強の魔法騎士団「金色の夜明け」にそれぞれ入団する。2人の魔法帝を目指すための一歩が、ここから始まる。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「ブラッククローバー」最終更新 2020年4月9日 (木) 06:27
目次

第01巻(発売日2015/06/04)

魔法がすべての、とある世界――。生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、己の力を証明するため、そして友との約束を果たすために、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す! 少年魔法ファンタジー、ここに開幕!!

第02巻(発売日2015/08/04)

魔法帝から命を受け、古代の遺物などが眠る危険極まりない『魔宮』へと派遣されたアスタ。そこには、親友でありライバルのユノの姿も!! 更には、敵国の魔道士も現れて──。最深部の『宝物殿』に辿り着くのは果たして誰か…!?

第03巻(発売日2015/10/03)

侵略国家・ダイヤモンド王国のマルスと対峙するアスタ。ユノでさえ歯が立たなかった最強の敵との闘いで、アスタは絶体絶命の窮地に追い込まれる! 果たして、熾烈を極める死闘の行方は…!? 魔宮編、衝撃の終結――!!

第04巻(発売日2015/12/04)

突然の襲撃を受け、混乱を極める王都――。クローバー王国に恨みを持つ謎の集団による凶行から民を護るため、アスタ達が奮闘する!! ところが、事態は思いもしない展開へと…。国の命運を懸けた闘いの先に待つものとは…!?

第05巻(発売日2016/03/04)

アスタは拉致され、フエゴレオンは瀕死の重傷…。王都に甚大な被害を与えた凶悪テロリスト集団『白夜の魔眼』に対し、魔法帝がついに反撃開始! 王国最強の男、その秘められた実力が明らかに…!? 波乱の王都編、最終局面――!!

第06巻(発売日2016/05/02)

多くの子供を連れ去った誘拐犯・バロに立ち向かうアスタ。魔法科学者サリーの手により無尽蔵の魔力を持つ怪物となった相手に苦戦を強いられるが、共に闘うゴーシュが新たな力に目覚めて事態が一変!! 見事、撃破したかに見えたが…!?

第07巻(発売日2016/08/04)

死闘の末、『白夜の魔眼』の幹部達を退けたアスタ。しかし、そのテロ組織に協力した者が魔法騎士団団長の中にいることが発覚! 果たして、裏切り者は誰なのか…!? 衝撃の事実が明らかとなる――!!

第08巻(発売日2016/10/04)

『黒の暴牛』と神官魔道士達のバトルロワイヤルの最中に突如現れた、『白夜の魔眼』幹部・『三魔眼(サードアイ)』のヴェット。魔石を奪うために海底神殿へと侵入してきた敵に対して、マグナとラックが立ち向かう!! 圧倒的な魔力差を見せつけられた二人に、勝機はあるのか…!?

第09巻(発売日2016/12/02)

激闘の末、『白夜の魔眼』ヴェットに渾身の一撃を放つアスタ。しかし最後の魔力を振り絞り、アスタ達を道連れに自爆しようとする敵の前に再びピンチを迎える。そんな中、遂にヤミが駆けつけヴェットと対峙し…!? 限界を超えるのは、闇か、絶望か――。海底神殿編、決着!!

第10巻(発売日2017/03/03)

古代魔法を受けたアスタの両腕は、もう動かせない――。その事実を知った『黒の暴牛』メンバーは治療法を探しに方々へ。アスタはノエル、フィンラルらと共にバネッサの後を追い、魔女の森に君臨する女王と対面する。だが時を同じくして、最凶最悪の軍勢が魔女の森に迫っていた…!!

第11巻(発売日2017/05/02)

ダイヤモンド王国軍、『白夜の魔眼』、そして魔女の森の勢力による三つ巴の戦いの最中に祖国を裏切ったマルス。師匠のファンゼルと邂逅を果たし、アスタ達と共闘する。ダイヤモンド王国軍・ラドロス、『白夜の魔眼』・ファナと対峙したマルスとアスタは、力を合わせ反撃に出る――!!

第12巻(発売日2017/08/04)

魔女の森から帰還し、『黒の暴牛』の仲間達と合流したアスタ。戦いの休養も兼ねて、各魔法騎士団の功績が発表される年に一度の大イベント・星果祭を見に行くため、王都へ向かう。お祭り騒ぎの中、発表が始まり壇上に呼ばれたアスタとユノ。2人はその後現れた国王の提案を発端に、思わぬ事態に巻き込まれ…!?

第13巻(発売日2017/10/04)

最強の選抜隊を決める王撰騎士団選抜試験が、いよいよスタート! 3人1組のチームで、魔晶石破壊バトルトーナメントに挑む。ミモザ、そして性格に難ありのザクスと同じチームになったアスタ。第1試合に出場するが、敵チームの猛攻を受け、早くも絶体絶命の危機を迎えてしまい!? 第2試合ではミモザ兄が華麗に登場――!!

第14巻(発売日2017/12/04)

選抜試験二回戦はアスタ達のチームとキルシュ率いるチームが激突!! 強敵キルシュに対し、一矢報いたいアスタはザクス、ミモザと協力し、得意とする罠と持ち前の根性で攻める。さらにマグナとアスタ、先輩後輩の2人が本気で戦い!? 第2試合はフィンラルとランギルス、因縁の兄弟対決が勃発!!

第15巻(発売日2018/03/02)

遂に佳境を迎えた王撰騎士団選抜試験! 混戦を極める中、優勝の栄冠を手にするチームとは…。アスタ、そしてユノは試験を乗り越え選抜隊に加入できるのか!? 国王と魔法帝のもと、王撰騎士団が発足し、『白夜の魔眼』殲滅へ向けた新たな戦いが始まる――!!

第16巻(発売日2018/05/02)

『白夜の魔眼』の襲撃を受けたゴーシュ達は、ヘンリーの活躍で形勢逆転のチャンスを得るが、果たして…。一方、ヴァンジャンスに不信感を募らせるヤミが面会を待つ中、ヴァンジャンスは王都にて魔法帝と対峙していた。そして、王国全体に混沌をもたらす衝撃の事件が起こる――!!

第17巻(発売日2018/08/03)

エルフに体を奪われた仲間達がライアに加勢し、圧倒的な戦力差になす術もないアスタ達王撰騎士団(ロイヤルナイツ)。そして脱出を図るアスタの前に現れたユノにも異変が…!? 王国各地で巻き起こるエルフによる人間への復讐。その矛先はアスタとユノが育った最果ての村・ハージにも――。

第18巻(発売日2018/11/02)

エルフ化したラックの心を取り戻そうとするも、苦戦するマグナとバネッサ。そこに駆けつけたアスタは…!? 一方、壊滅的な被害を受けた黒の暴牛アジトだが、ヘンリーの魔法でアジトが合体、変形して黒の暴れ牛号に生まれ変わる! 黒の暴牛一行は、人々を守るべく王都へ向かう――!!

第19巻(発売日2019/01/04)

ランギルスら『金色の夜明け』のメンバーに宿ったエルフ達は、王城へ集結する。ランギルスを追うヤミとフィンラルが王城で多数のエルフと交戦する中、ある人物が現れ状況が一変する! さらにノゼル達最強の援軍も城に到着し、エルフ対魔法騎士の戦いは熾烈を極めていく――!!

第20巻(発売日2019/04/04)

ドロシーの夢魔法の世界へ連れて行かれたバネッサ達。ドロシーが絶対の力を持つ空間でどう立ち向かうのか…。一方、アスタ達はエルフ化したゴーシュ・マリー兄妹の放つ鏡×瞳魔法の強力な攻撃を前に苦戦を強いられて!? 魔法騎士達はエルフが集う影の王宮を目指し更なる激闘へ――!!

第21巻(発売日2019/07/04)

影の王宮中枢へ到着したユノと、その魔石を狙うエルフ達。数百年に渡る因縁の物語が最終局面を迎えた時、全てを仕組んだ凶々しき存在が、その姿を現わす…!! 憎悪と絶望、そして悪意が人間とエルフを飲み込んで行く中、アスタとユノの折れない心が、最後の希望となる!!

第22巻(発売日2019/10/04)

初代魔法帝・ルミエルとエルフの長・リヒトも加わり、時空を超えた総力戦で悪魔に対抗するエルフと魔法騎士達。悪魔の底知れぬ力を前に、激化する戦いの中進化を止めないアスタとユノに勝負の命運は託され!? 数百年に渡る、悲しみと憎悪の連鎖に終止符を打て!!

第23巻(発売日2020/01/04)

ダムナティオの裁きで“悪魔憑き”の罪人とされたアスタ。『元凶の悪魔』を探し出し、自らの無実を証明すべく、黒の暴牛の仲間たちと共に探索を開始する!! 世界の裏で蠢く呪いや悪魔の手がかりを求め、莫大な自然の魔が溢れる秘境国家・ハート王国へ向かうが!?

第24巻(発売日2020/04/03)

スペード王国がクローバー・ハート両王国へと侵攻を開始。悪魔の力を誇示し人々を蹂躙するスペードの部隊に対し、精霊守(せいれいのかみ)との修行で成長したアスタ達が立ち向かう!! 一方、ユノの前には出生の秘密を知る者が現れる。その過去に秘められた、スペード王国との因縁とは…!?

第25巻(発売日2020/07/03)

スペード王国の先兵の“漆黒の使徒(ダークディサイプル)”がハート王国の各地に出現。迎え撃つクローバー・ハート連合軍が苦戦する中、アスタら『黒の暴牛』の前には、ヤミを狙うダンテが襲来する!! その圧倒的魔力に対し、決死の抵抗を試みる団員たち。底無しの悪意を秘めたダンテの、恐るべき計画とは…!?

この他の田畠裕基の作品

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる